2013年03月12日

僕がUSCPA取得を決意するまで2

僕がUSCPA取得を決意するまで、前回は大学受験時代の話を書いてきました。今回は、大学時代の留学の話を書いていきたいと思います。

<エピソード2>

〜英語さえできれば問題無いのか:留学編〜

前回の内容から、英語が出来れば将来安泰なのかと思う人もいると思います。実際、僕も受験生時代はそう思っていました。なので、たくさんの人が語学留学を行なったり、英会話に通ったり、英語を武器に何か夢を追いかけているのだと思います。

英語を机上で勉強して大学に入学したのは良いのですが、それまで一度も海外にでた経験が無かったので、留学するために入学後も必死に英語を勉強し続けました。何百回と音読を繰り返し、教材の文章を何百回と聞き続け、なんとかギリギリ単位交換制の海外留学に必要とされる水準まで英語力(というかTOEFLのスコア)を伸ばし、留学への切符を手に入れました。

TOEFLのスコアが留学の要求水準を超えたのをはじめてパソコンの画面で見たとき、あまりの嬉しさに少し涙しました。これで僕もグローバルな世界の仲間入りができると思いました。

そこから更に英語の勉強を続け、留学に出発する頃には、英語の読む、聞く、書く、話すといった能力は少しだけ出来るようになっていました。いや、出来るようになっていると思い込んでいました。ある意味自信満々で留学生活をスタートしたわけです。あの空港での高揚感は今でも思いだすとジーンときます。まぁその直後に理想はコナゴナになるわけですが。

留学先での生活をスタートさせてすぐに、自分は全く英語が出来る人間ではないということに気が付きました。普通に考えたらわかることなのですが、外国人が日本語を数年勉強した後に日本にきて「ワタシは日本語がデキマス!」と言われても、確実にそれは日本人以下の日本語レベルとなります。

その逆の現象を僕は海外で味わいました。まぁ僕が別に英語が出来るなんて海外で言ったわけではありませんが、ネイティブともなんとか話し合えるだろうなと思っていたのは事実です。でも、ネイティブには総合的な英語力で勝てるわけがありませんでした。多様な表現であったり、議論する力であったり、口語表現であったり、これまで考えもしなかった英語の壁にぶち当たりました。英語を話すだけでもいっぱいいっぱいなレベルの僕は、海外の地では英語力最下層の人間でした。

英語力ではネイティブに一生勝てない。というか自分の英語力は全然ダメ。その現実に打ち当たり、僕の目の前は真っ暗になりました。ネイティブは生まれてから常に英語に触れ続け、英語でインプットとアウトプットすることが当たり前です。そんな彼らに英語力で挑むのは不可能です。

少なくとも、約1年しか留学期間が無かった僕には到底ありえない話でした。僕は海外の地で絶望的な気分になりました。大学生活のほとんどを英語の勉強に費やしてきたのは無駄だと言われたようなものでした。僕のあの苦労はなんだったんだ、と。そんな中、偶然、本当に偶然、とある講義に出会いました。

「財務会計」です。

次回は、会計学に出会った僕がどう勉強してきたのかを書いていきたいと思います。

次の記事:僕がUSCPA取得を決意した理由その3

ではでは

僕がUSCPA取得を決意するまでまとめに戻る


posted by 鈴木明 at 08:58 | [USCPA取得を決意するまで] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。