2013年03月16日

AUD合格に必要な勉強時間

USCPA合格に必要な時間、今回はAUDを合格するのに必要な勉強時間の目安を書いていきたいと思います。

*今回の記事は僕が勉強してきた経験を基準にした推定時間となります。もちろん人によって必要な勉強時間は大幅に上下する可能性があることをご承知ください。

<前提所用時間>

この推定を行なうに当たって、所要時間の前提を決定しておきます。

講義1コマ:70分
問題集1問:90秒

こちらの前提の根拠は、僕は基本的に講義を1.5倍速で見ていたのですが、その講義の1コマを1.5倍速で見た際の平均の長さが70分くらいになるからです。少し短めに仮定しています。次に問題集の90秒ですが、僕がDVDで受講していた予備校では「本番は1問につき90秒以内に解くように」と言われていたので、そちらの時間を採用しました。では、それぞれの時間から、合格に必要な勉強時間を推定していきます。

■講義にかかる時間

僕は予備校のDVD通信コースを受講していました。その予備校から送られて来たAUDのDVDは全部で11枚でした。それらの講義を少なくとも5回は最低視聴しています。このことから、

70分×11枚×5回=3850分

となります。これを時間になおすと

3850分÷60=約64

講義を見た勉強時間は約64時間となります。

■問題集にかけた時間

僕が使用していた問題集はメインがBISK、サブがWileyアプリになります。BISKに関しては、全ての問題を合計7回解いています。各科目の問題数を見ていきます。

Standard & Related Topics
34問
Planning
90問
Internal Control
111問
Evidence & Procedures
126問
Audit Programs
105問
Audit Sampling
49問
Audit IT Systems
59問
Reports on Audited Financial Statements
117問
Other Auditing Standards
39問
Other Types of Reports
27問
Other Professional Services
125問
Accountants’ Professional Responsibilities
56問

BISKのAUDは、合計938問を有しています。これに1問に使用する時間90秒だとすると、

938問×90秒=84420秒

となり、僕が全部で解いた回数は7回なので、

84420秒×7回=590940秒

秒単位から分単位へ変換すると

590940秒÷60=9849分

分単位から時間単位へ変換すると

9849分÷60=約164時間

となります。僕がメインで使用していた問題集で、約164時間の勉強時間を費やしています。これに加えて、僕はAUD受験の際にサブの問題集を使用しています。Wileyのアプリになります。こちらは合計で1500問解いたことが、エクセルの管理に記録されています。ここから推定すると

1500問×90秒=13500秒

秒単位から分単位へ

13500秒÷60=2250分

分単位から時間単位へ

2250分÷60=約37時間

このことから、僕がサブ問題集に費やした時間は約37時間となります。

■合格までに必要な時間

上記の3つを全て考慮すると、合計265時間の勉強で僕はAUDを合格することが出来たと推定できます。この中には直前講義やシミュレーションに費やした時間は含まれていないので、実際にはもう少し時間は加算されると思います。僕はAUDの勉強と相性が良く、勉強していて楽しかったので、もう少し長く勉強していると思っていました。

AUDは監査の流れを深く理解することが合格への近道だと思います。なぜ監査のプロセスにこの作業が必要か、ということを常に意識すると、最後の監査報告書まで1連の流れとして頭に入りやすくなると思います。

ではでは。

USCPA合格に必要な時間に戻る


posted by 鈴木明 at 11:19 | [USCPA合格に必要な時間] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。