2013年03月16日

REG合格に必要な勉強時間

USCPA合格に必要な勉強時間、今回はREGについてです。REGは僕が最後に合格した科目でもあり、一番勉強が辛かった科目でもあります。

*今回の記事は僕が勉強してきた経験を基準にした推定時間となります。もちろん人によって必要な勉強時間は大幅に上下する可能性があることをご承知ください。

<前提所用時間>

この推定を行なうに当たって、所要時間の前提を決定しておきます。

講義1コマ:70分
問題集1問:90秒

こちらの前提の根拠は、僕は基本的に講義を1.5倍速で見ていたのですが、その講義の1コマを1.5倍速で見た際の平均の長さが70分くらいになるからです。少し短めに仮定しています。次に問題集の90秒ですが、僕がDVDで受講していた予備校では「本番は1問につき90秒以内に解くように」と言われていたので、そちらの時間を採用しました。では、それぞれの時間から、合格に必要な勉強時間を推定していきます。

■講義にかかる時間

僕は予備校のDVD通信コースを受講していました。その予備校から送られて来たREGのDVDは全部で19枚でした。それらの講義を少なくとも5回は最低視聴しています。このことから、

70分×19枚×4回=5,320分

となり、分単位から時間単位に変換すると約88時間になります。

■問題集にかけた時間

僕が使用していた問題集はBISKになります。その全てのチャプターの問題を、全部で5回解いています。ただ解いている順番は、予備校の講義の順番で解いているため、BISKのチャプター順にはなっていません。

Individuals
110問
Property
86問
Corporations
119問
Partnerships
57問
Estate, Trusts & Exempt Organizations
59問
Business Structures
80問
Contracts
93問
Sales
51問
Negotiable Instruments & Documents of Title
60問
Secured Transactions
33問
Debtor & Creditor Relationships
54問
Federal Securities Regulation
55問
Other Federal Regulation
60問
Accountants’ Ethics & Responsibility
80問
Agency
27問
Other Tax Topic
60問

つまりBISKのREGは、合計で1084問となります。合計5回解いているため

1084問×5回=5420問

全部で5420問解いたことになります。この1問につき90秒費やしていると考えると

5420回×90秒=487,800秒

となります。秒単位から分単位へ変換すると

487,800秒÷60=8,130分

となり、そこから時間単位に変換すると

8,130分÷60=約135時間

となり、問題集BISKに費やした時間は約135時間となります。これに加えて、REG受験の際にはWileyの問題集アプリも解いています。過去に集計したエクセルによると、僕は約2500問、アプリで問題を解いていることになります。これを時間になおすと

2500問×90秒=225,000秒

秒から分へ

13500秒÷60=3,750分

分から時間へ

3,750分÷60=約62時間

となり、アプリでは約62時間費やしたことになります。

■合格までに必要な時間

上記3つ、講義、BISK、アプリを合計して、REGの合格までに費やした時間は約285時間ということになります。このなかには、シミュレーションの時間や、直前講義の時間は含まれていません。それらを加味すると、合計約300時間といったところではないでしょうか。

REGは範囲が非常に広く、また暗記することも多い科目ですので、僕は非常にしんどかった記憶があります。人によって向き不向きがあると思いますので、僕の勉強時間は参考程度にしかならないかもしれませんが、少しでも役にたつのなら幸いです。

ではでは

USCPA合格に必要な時間に戻る


posted by 鈴木明 at 20:52 | [USCPA合格に必要な時間] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。