2013年03月19日

BEC正答率推移

USCPA問題集の正答率推移、今回は僕が使用していた問題集であるBISKの正答率の推移を公表したいと思います。僕はBECについてはFARと同時に受験したので、同時進行で勉強していました。

僕はBECについては合計7回問題を解いています。各チャプターの問題を解き終わった際に、正答率を計算してエクセルに記録していました。問題を解く際には解きっぱなしにするのではなく、正答率を記録して分析することによって自分の強みの分野や弱みの分野がわかるのでおすすめです。弱みの分野を消して、まんべんなく正答できるように持っていきましょう。では、僕のBECの正答率をみていきます。

こちらの書籍です

<BEC正答率推移>

Corporate Governance
78% ⇒ 67% ⇒ 90% ⇒ 95% ⇒ 98%

Economic Theory
82% ⇒ 81% ⇒ 94% ⇒ 99% ⇒ 99%

Financial Management
77% ⇒ 84% ⇒ 94% ⇒ 99% ⇒ 98%

Decision Making
91% ⇒ 93% ⇒ 98% ⇒ 99% ⇒ 100%

Cost Accounting
66% ⇒ 85% ⇒ 88% ⇒ 92% ⇒ 99%

Strategic Planning
71% ⇒ 86% ⇒ 97% ⇒ 100% ⇒ 100%

Information Tecnology
67% ⇒ 78% ⇒ 95% ⇒ 95% ⇒ 96%

以上が僕のBISK、BECの正答率推移となっています。1周目の正答率はあまりにも低かったので、捨ててしまいました(笑)。確か大体半分も正解していなかったと思います。7周目の正答率も試験直前にすぐに解き終えたので記録が残っていません。もはや回答を覚えている状態でしたので、ほとんど満点だったような気がします。

<BECについて>

BECはそれ以外の科目と比べると、簡単と感じる人が多いかも知れません。なぜなら範囲が広くなく、BISKであればすぐに最初から最後まで問題集を終えることが出来ますし、僕の場合は講義自体もそこまでボリュームがありませんでした。しかもMQの配点が高いため、特別な対策は必要ないと思ってしまうのです。

しかしこれは危険です。確かに本番でも簡単と思える問題が結構出題されます。しかし、その問題は他の受験者も正解してくるので、結構難易度の高い問題もほとんど正解する必要があるのです。いかに不正解をしないかを競う試験だと考えられます。

僕の感覚ではUSCPAの採点は他の受験生との相対評価だと思っています。実際、試験後の感覚ではBECは9割以上取れたと思っていたのに、実際は70点台、しかもギリギリの点数での合格だった時はヒヤリとしました。

以上が僕のBECの正答率推移になります。他の科目の問題集の正答率の推移は、下記のまとめページよりご確認ください。勉強する際にベンチマークとして使うなど、USCPAを受験する人に少しでも参考になれば幸いです。

ではでは

[USCPA問題集]正答率推移まとめに戻る


【[USCPA問題集正答率推移]の最新記事】
posted by 鈴木明 at 08:04 | [USCPA問題集正答率推移] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。