2013年03月24日

問題集正答率推移まとめ

このページに、僕が解いたUSCPA問題集のBISKの各科目の正答率推移をまとめておきたいと思います。

USCPA受験者の方は、ぜひ自分の正答率も記録して、僕のデータと比較して学習の進捗状況を多面的に見てください。

ただ、僕は社会人として働きながらUSCPAの勉強をしていましたが、他の人より勉強に集中しやすい環境だったのは間違いありませんので、僕の正答率をみる際に、以下のことを考慮して、自分の勉強環境と比較してみてください。

<勉強環境>

  • 残業はほとんどしない
  • 会社の飲み会は3ヶ月に1回(大体断りました)
  • 田舎暮らし(遊び場が少ない)
  • 経理系部署所属
  • 監査法人への対応業務有り
  • 近くに図書館有り

このような環境でした。今思うと非常に恵まれていたと感じます。今は転職し東京に住んでいますが、勉強のモチベーションを保つのがここまで困難になるとは思いませんでした。次に何を勉強するかを決められないだけかもしれませんが。

また、残業が普通に発生するようになったので、残業後に勉強するのがどれほど大変かということも分かりました。もし皆さんも勉強中で仕事に時間を割きすぎているなら、一発奮起して定時帰りの文化を自分から発信するのも有効だと思います。

もし合格後にすぐに転職を考えているなら、定時帰りにすることによって職場に嫌な顔をされても、あまり問題にならないはずです。やめるのですから。僕はその作戦で、僕は定時に帰宅する人、という印象を与えることに成功しました。今は転職を考えていないので残業しています。

これらを考慮して、自分の問題集の正答率と比較してみてください。以下から、各科目の正答率の推移のページにいくことができます。

正答率推移FAR

正答率推移BEC

正答率推移AUD

正答率推移REG

個人的には、受験者が正答率を記録して合格後に発表することによって、問題集の正答率の推移の平均が判明し、

「USCPAに合格するためには約○回問題集を解く必要がある」

ということが推定できたらいいな、と勝手に考えております(笑)。誰かアップしてくれませんかね。

ではでは


【[USCPA問題集正答率推移]の最新記事】
posted by 鈴木明 at 20:41 | [USCPA問題集正答率推移] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。