2013年04月03日

USCPA合格に必要な勉強時間

USCPA合格に必要な勉強時間、今回は各科目への合格までに必要な時間へのまとめページを作成しました。また、合計で必要な時間はどれくらいかということも書いていきます。

まず、各科目で合格までに必要な勉強時間はどれくらいかということを下記にまとめました。

<各科目合格に必要な勉強時間>

■USCPA合計までに必要な時間

これらのことから、USCPAに合格するまでに必要な時間を計算することができます。

  • FAR260時間+α
  • BEC193時間+α
  • AUD265時間+α
  • REG285時間+α

これらを全て合計すると、1003時間+4α時間となります。

*BECに必要な時間が少なくなっていますが、これは僕が受験開始より前にBECに関連する分野で勉強を行なってきていたためです。そのため、実際勉強時間と推定必要勉強時間に大きな乖離があると考えられます。

僕の感覚では、勉強開始時点で英語力に大きな問題が無い人は1科目につき約300時間、つまり合計約1200時間で合格できると思います。

ただ、いきなり必要なのは1200時間と言われても、想像がつきにくいと思います。1200時間とは一体どれほどの時間なのか。少し想像がつきやすい、ほぼ全員の人が経験したことのある時間に置き換えてみます。

■学校に置き換える

学校は僕の時代、1日6時間が基本でした。土日を休みと考えると、年間で約240日、そこから夏休みと冬休みを考慮すると、年間に学校に行くのは約200日だということになります。これで計算しやすくなりますね。

1日6時間×200日=1200時間

ピッタリです。つまり小学校、中学校、高校のどれか1年間を、全てUSCPAの勉強に当てれば合格できるという時間のレベルになります。これだと想像しやすいのではないでしょうか。

USCPA合格に必要な時間は、義務教育1年分である

これを長いとみるか短いとみるかは、人によって変わると思います。僕も合格した今になって計算してみましたが、意外に必要な時間は長いんだな、という印象を受けました。ただ、学校と違ってその期間に専門分野を学ぶので、自分の身になるレベルは学校で受ける教育とは桁違いだということを付け加えておきます。

もし、上記の内容をみて、いけると思った方は是非挑戦してみてください。今勉強中の方は、残りどれくらいかを考えて、モチベーションアップにつなげてください。ひとりでも多くのUSCPAが誕生すれば幸いです。

ではでは


posted by 鈴木明 at 23:44 | [USCPA合格に必要な時間] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。