2013年06月17日

CPE方法2

USCPAのCPE方法、前回は、CPE DepotというCPE方法についてみてきました。

CPE方法その1

今回はUSCPAのCPEに関するサイト情報の内、CPExpressについて書きたいと思います。

CPExpress

<CPExpressとは>

AIPCAが作成した米国公認会計士のためのオンライン継続教育コースのことです。数百の1〜2時間部分の単位になるサブジェクトが用意されているようです。その総数を合わせると1200時間以上のサブジェクトが用意されているようです。膨大な量ですね。

<金額>

1年サブジェクトを取り放題のコースがあります。その取り放題コースは以下の金額となっています。

AICPAメンバーの場合
$221

メンバーではない場合
$457

となっています。前回紹介したCPE Depotと比べると、結構高額になってしまいますね。AICPAのメンバーで無い場合、約2倍程度の差が出来てしまうことになります。

サイトの内容を比べると。AIPCAが提供しているだけあって、しっかりしている印象を受けます。もう少し安ければこちらのコースも検討するに値すると思うのですが。

やはりネックなのは値段です。毎年$450の出費があると考えると、非常に高いと感じてしまいます。一番重要なのは単位を取得出来ることなので、もう少し安い方法を模索しようと思います。AICPAのメンバーであればこちらで全く問題ないとは思いますが。

次の記事:CPE方法その3へ

ではでは。

ライセンス・CPE情報まとめへ戻る


posted by 鈴木明 at 08:48 | [USCPAライセンス/CPE] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。