2013年06月18日

CPE方法3

前回はUSCPAのCPE方法、前回はCPExpressを見てきました。

前の記事:CPE方法その2へ

今回はUSCPAのCPEに関するサイト情報の内、CPE Directについて書きたいと思います。

CPE Direct

<CPE Directとは>

AIPCAが作成している米国公認会計士のための継続教育コースのことです。こちらは今の時代にはめずらしく、テキストで行なわれるようです。the Journal of Accountancyにて取り上げられたトピックを中心にして作られる教材のようです。こちらが、3月、6月、9月、12月に届けられるようです。3月決算会社の財務や経理に関わっている人に取っては最も忙しくなりそうな時期の少し前に届けられるようですね(笑)。

こちらのテキストで勉強し、最終試験を通れば、12単位が取得できるようです。1年に4回届けられるため、1年48単位、これを3年続けるとワシントン州の必要単位である120単位を超えられますね。しかし、Ethicsなどはどうするのでしょう。他のオンラインCPEでEthicsだけ購入するのでしょうか。

<メリットデメリット>

メリットとしてはほとんど最新の情報をCPEで学べるということと、定期的に送られてくるため自分で時間を管理して勉強しなくても良いということでしょうか。

しかし、デメリットとして、やはり自分で受けたいトピックを決められないということがあると思います。ヒマな時に一気に単位を取得するということも難しくなってしまいますね。

<金額>

$236.25

となっています。前回紹介したCPE Depotより少し高く、CPExpressより安いといったところですね。

こちらの教材もAIPCAが提供しているので質には問題ないと思われます。しかし、こちらのコースに関わってくるデメリットが僕にとっては致命的なため、こちらのコースは見送りになりそうです。

ただ、日本にある米国公認会計士の団体であるJUSCPAではこちらの教材を使用して勉強会なども行なっているようなので、JUSCPAに参加している人などはこちらも検討してみても良いと思います。

ではでは

ライセンス・CPE情報まとめへ戻る


posted by 鈴木明 at 08:23 | [USCPAライセンス/CPE] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。