2014年12月29日

PK

久しぶりにビジネス書や仕事関連の本から全く離れた小説を読みました。大学時代は暇があればいろんな小説を読んだものですが、社会人になって遠ざかっていたので、懐かしい気分になりました。

今回読んだのはこちらの本になります。

こちらの本は、「PK」、「超人」、「密使」の3つの話がおさめられているのですが、それぞれが関係して1つの話になっています。

それぞれの話を読んでいくのですが、おすすめとしては一気に読み上げることだと思います。各話が関係しているので、一つの話を読んでから間をあけてしまうと、どこがどう関係しているかがわかりづらくなります。

その結果、僕のように最後まで読んでからもう一度読み返してしまうことになってしまいます。

この著者はいろんな伏線を最後につなげるのが非常に上手いのですが、今回も複数の話を最後に一つにまとめる技術は素晴らしいものでした。

また、随所に散らばっている設定が、「よくそんなもの思いつくよなぁ」と感心してしまうものばかりです。

久しぶりにリラックスして読むことができる本でした。やはりこのような時間も必要ですね。年末年始の休みに、リラックスして読む本としてどうでしょうか。

さて次は仕事関連の本でも読もうと思います。

ではでは


posted by 鈴木明 at 12:35 | [読書(映画)感想文] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。