2015年03月22日

一橋大学優秀論文発表会兼説明会

先日、一橋大学大学院の優秀修士論文発表会兼説明会があるとのことでしたので、早めに仕事を終わらせて見に行くことにしました。少しでも大学院ではどのようなものが評価さえているのかということと、実際に国立の大学はどのような雰囲気かを知りたかったためです。よく言うと自分がお金と時間を投資してまで行く必要があるのかを判断するために行ったということになります。結論から言うと、この発表会兼説明会には参加して良かったと思っています。そこで、発表会と説明会についてそれぞれ書いていきたいと思います。

<優秀論文発表会>

【会場状況】
まず会場の状況についてですが、1つの会場で2部屋を使用して発表会を行っていました。1つの部屋ではバリバリ金融工学のモデルなどに関連したことの内容を発表しており、もう1つの会場ではどちらかというと会計寄りのコーポレートファイナンス関連の論文を発表していました。僕は後者のコーポレートファイナンスのほうに迷わずに入りました。全く理解できない分野の論文を聞いてもいろいろ判断しにくいですから。この発表会は平日の夜に行われていたので、個人的には人が全然いないだろうと思っていたのですが、意外に(失礼か)40名弱もの人がいて驚きました(もう一つの部屋は不明)。年齢層はバラバラで、20代に見える人もいれば50代くらいに見える人もいました。男女比はみたところ7:3〜8:2で男性の方が多いといったところです。

【論文について】
そして肝心の論文に関してですが、ひとつひとつを取り上げて紹介はしませんが、紹介された論文に共通する骨格のようなものが見えました。プレゼン用に凝縮したもので発表していましたが、それぞれの論文は以下のような構成になっていることがわかりました。

  • 表題
  • 仮説設定
  • 先行研究
  • 使用する言葉の定義など
  • 使用するデータ・サンプリング対象など
  • 分析に使用した手法
  • 仮説検証・分析
  • 場合によっては追加検証・分析
  • 結果
  • まとめ・考察
  • なるほど、と個人的には思いました。実は大学時代は後半に交換留学を行っていた理由によりゼミには所属せず、卒業論文といったものをしっかりと体系立てて完成させたことがなかったのですが、どのように進めるべきなのかがなんとなく分かったような気がしました。もちろん上記の骨格でサクサクと進むわけがないのですが、上記の形に添って論文を進めるのが一つの定石と考えても問題はなさそうです。

    【感想】
    この発表会をみた感想なのですが、上記のように論文をどのように進めればよいかがさっぱりわからなかった僕としては、その不明な部分に少しでも光を当てられたことで既に十分以上の価値を得ることができました。仮に出願するとすれば、上記の形を少しでも見せられるような書類を準備すればよいのだろうと感じました。

    また、各発表者がプレゼンで僕が全く想像もできないような分析手法(主に統計的な話)を駆使して分析を行っていたのが印象的でした。このような統計的な手法に関しては過去に本を読んで知ったつもりになっていましたが、実際に手法を使用してなにかを行うという行為は今まで未経験なので、金融のフレームワークとともにその分析手法を身につけに行くのもありではないかと感じました。

    上記とは逆に、会計的な話に関しては大体理解することが出来ました。あらためて会計に関する知識のバックグラウンドは強いことを認識しました。むしろ、上記のような分析を行って一つの仮説を検証しようとする場合、会計の知識の前提が無ければ達成しえない、つまり最低限(簿記2〜3級程度、それ以上であれば尚可)の会計の知識は必須なのではないかと感じました。講義にアカウンティングなどもありますが、まずは会計の知識があればスタートで出遅れる可能性は低いのだろうと思います。

    <大学院説明会>

    【説明会状況】
    次に、発表会のあとにあった説明会について書いていきますが、こちらは30分程度の時間しかなかったので、普通に6月4日に予定されている入試説明会に参加したほうが大学院に対する深い理解を得られると感じました。参加していた人は40名弱で年齢層は様々、そして男女比はみたところ7:3〜8:2という状態でした。発表会とほとんど同じです。ただ、発表会は2つの部屋で行われていたので約半数が帰ったのですが、説明していただいた教授も仰っていたとおり在学生もたくさん発表会に参加していたのでしょう。

    【早稲田との比較】
    説明会に参加してみて、一橋大学の大学院は早稲田と比較してみると非常にわかりやすいような気がしました。そこで、下記に個人的に感じたことを列挙してみようと思います。

    ・理論と実践
    教授のバックグラウンドを見る限り、理論と実践の比率で行くと明らかに理論寄りだと感じます。一橋大学は理論と実践のバランスが良いという宣伝を行っていますが、ここは理論寄りだろうと僕は思います。教授のバックグラウンドで実務経験者が多いのはやはり早稲田の方だと思います。教授の数が違うという点を考えれば単純比較は危険だし、実務経験は他の生徒や自分の業務で十分だという考えを持てば、ここに重点を置く必要はないと考えられますが。

    ・人数比率
    一橋大学は定員が40名程度です。これに対し教員が9名であり、5〜8名に対し1名の教員という話をされていました。これは非常にメリットだと思います。少しでも組織を動かす立場を経験すればわかりますが、10人を超えると一気にマネジメントが難しくなるとおみます。この人数でゼミに取り組めば、密度の濃い学習が可能な気がします。逆に早稲田のほうは定員が100名以上と多く、このような密度を達成するのは容易ではないと考えられます。必然的に、講義スタイルが一般的になると考えられます。

    ・修士論文
    一橋大学は論文の提出が必須のようです。これも上記の人数比が可能にしているのでしょう。この論文に対して真剣に向き合い、教員のノウハウをしっかり吸収することが出来れば、数年である程度の知識までたどり着くことができそうです。早稲田は論文が必須ではなかったと思います。講義を受けて修了できるので考えようによっては楽ですが、何か形を残したいのであれば論文を書くのが効果的だと思います。

    ・計量分析
    僕が発表会で驚いたのは、各発表者が普通に統計的な分析を用いて論文を組み立てていたことです。個人的なイメージでは、文系の人はそこまでデータにこだわらないという印象がありました(すいません、僕です)。つまり、僕に全く足りていないあのような手法が身に着けられるとすれば、論文を通して身に着けたいと感じました。この点は早稲田に関しては不明です。

    ・雰囲気
    ここは表現するのが非常に難しいですが、やはり一橋は国立の雰囲気、早稲田は私立の雰囲気があります。僕の大学は私立なので、早稲田の雰囲気はなんとなく懐かしかったのですが、一橋の雰囲気は新鮮なものがありました。

    ・費用
    やはり国立は費用が安いです。びっくりしました。卒業までの金額を比較すると、倍以上の差額が発生してしまいます。僕も社会人になって、お金を貯めるのがいかに大変か、そして奨学金を返却するのがいかに大変か、身をもって知ることになったので、この点も非常に重要だと感じます。

    以上が簡単な比較でしょうか。一橋の発表会のあとなので一橋寄りな内容になっていますが、今回は説明会の内容がそこまで深くなかったため、6月4日の入試説明会には参加しようと考えています。

    うーん。英語と会計と統計を身につければもっと良い相乗効果があると思うのですが、迷います。参考に、早稲田の説明会に参加したあとの記事のリンクを貼っておきます。なんか今になって読み返すと別人な感じがします。笑

    参考:早稲田ファイナンス大学院説明会

    ではでは


    posted by 鈴木明 at 16:45 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。