2015年04月16日

USCPAよくある質問

今回は、USCPAに関して、よくされる質問(僕が疑問だったことを含める)について回答していきたいと思います。

Q:数学が出来ないとダメじゃないか

A:全然問題ありません。勉強中でも試験本番でも、電卓が使用可能です。四則計算(足し算、引き算、かけ算、割り算)が出来ればほとんどOKです。何の自慢にもなりませんが、僕は高校の時、数学のテストで100点満点中10点以下を取ったこともあります。

大学受験の科目は、英語、国語、世界史だったので問題はなかったのです。自分は数学が出来ると考えたことはありません。事実、数学は全くできない部類に入ると思います。実は未だに数式によく出てくるアルファベットの記号を見るのは結構苦手だったりします。そのうち慣れてくれれば良いのですが。

Q:英語が出来ないとダメじゃないか

A:ハッキリ言ってしまうと、ある程度は出来た方が良いと思います。というより、ある程度出来た方が楽に勉強を進めることができます。僕の感覚ですがTOEICのスコアが700点程度あれば、そこまで苦痛を味わうことが無いと思います。

USCPAはむしろ、英語を学ぶのでは無く、英語で何かを学ぶ重要さがわかる貴重な機会になると思います。英語で何かを学ぶ経験は、英語力とは何かを考える上で一度は経験しておくと良いと思います。漠然と英語を勉強するのであれば、たとえUSCPAでないとしても、英語で何かを学んだ方が圧倒的に効率的だと思います。

Q:合格までどれくらいの時間がかかるのか

A:人によって差があると思います。ですが、僕は1科目につき3ヶ月で300時間、集中して学ぶことができるのであれば合計1年、時間にして約1200時間で合格出来ると考えています。しかし、英語がそこまで出来なくて、簿記も全く知らないと言う人はもう少し時間がかかると思います。詳しくはこちらをどうぞ

Q:転職に有利か

A:その人のバックグラウンド、どこに応募するかなどに依存すると思いますが、僕は有利になると考えています。僕自身、転職は勉強開始の時点からゆっくりと行ないましたが、USCPAに合格した後に、書類選考の通過率は非常に良くなりました。

自分なりのUSCPAの意義や、取得した理由、今後のキャリアなどをしっかり落とし込めると転職のアピールとして強いと思います。ただし、USCPAがあれば何の問題もなく転職できるというわけではありません。

Q:独学でも大丈夫でしょうか

A:相当厳しいと思います。「絶対に無理か」と言われればそんなことはないと思いますが、非常に遠回りになってしまいます。例えばUSCPAの受験に対する敷居を上げているものに、「申し込みまでの手順」があります。予備校を利用すればここの手順の部分が全てクリアになるので、心理的負担も減少します。もちろん勉強の最短ルートもたどることが出来るので、僕は予備校を選択することをお勧めします。

僕たちの時間は有限です。出来る限り短い時間で最大の効果を得る方法を選びましょう。ちなみに僕は予備校の金額を確か12回払いで支払い、毎月のキャッシュフローがマイナスになるという貧困時代を1年間経験しました。あれは今思うと精神衛生上、非常にきつかったです(笑)。

Q:通学と通信、どちらが良いと思いますか

A:田舎に住んでいたのでそうせざるを得ない事情もありましたが、僕は通信派です。特に最初に全ての講義を一括で送ってくれる予備校を探しました。理由は、全ての講義を一瞬で全て見終わり、全体像を掴む(結局どの程度の範囲なのか、難易度はどの程度か等)ことが重要だと思ったためです。

通学になると、授業の時間が決まっているので、ついていけない場合や授業のペースが遅いと感じる場合、挫折に繋がると思います。もちろんこれは人によると思いますが、自分のペースでやりたい人は通信、しっかりと決められた時間でやりたい人、または勉強仲間などが重要と思う人は通学で良いのでは無いでしょうか。

ちなみに僕が通信を選んだ最大の理由は、僕が勉強している場所が田舎だったからです(笑)。しかし、もし当時東京に住んでいたとしても、通信を選んだと思います。DVDであれば倍速で講義を進めることができますから。

Q:試験会場ってどんな感じですか

A:僕が知っているのはハワイと大阪のみですが、以下のようになっています。

以上になります。また、何か聞かれることや思いつくことがあれば順次追加していきたいと思います。

ではでは


posted by 鈴木明 at 17:15 | [USCPA情報あれこれ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。