2015年04月17日

企業分析:明治ホールディングス

今回は、就職人気ランキングでも上位に入ることが多い、明治HDの企業分析を行いたいと思います。

<明治HD>

平成20年に明治製菓株式会社と明治乳業株式会社が経営統合することによって生まれた会社。お菓子や乳製品を扱う「食品事業」と、医薬品を扱う「医薬品事業」の2つの事業を展開しています。ちなみに食品事業は株式会社明治、そして医薬品事業はMeiji Seikaファルマ株式会社が行っており、それを束ねるのが明治HDとなっています。

<社員数・年収>

2014年3月期の有価証券報告書によると、従業員巣が連結で15,033名であり、単体で34名となっています。平均年齢は43.6歳であり、平均年収は971万円となります。非常に高給取りに見えますが、これは単体の34名の平均だと思います。HD(ホールディングス)というのは会社を束ねる会社のようなもので、ここに平均給料が高い人材が集中しているということだと思います。わかりにくいのでHDのシステムはやめてほしいものです。

<会社の評判など>

企業の情報を知ることができる転職サイト(転職会議)によると、2015年3月の時点での明治HDの評価は以下のようになっています。(明治HDのものがなかったので、株式会社明治とMeiji Seikaファルマ株式会社の評判を直接確認しました。

  • 株式会社明治:5点中4.0点:回答人数73人
  • Meiji Seikaファルマ株式会社:5点中4.8点:回答人数166人
  • 両者とも高いですが、特に医薬品事業であるMeiji Seikaファルマ株式会社の評価が、回答人数が多いのにも関わらず非常に高いですね。もう一つのサイトであるVORKERSの社員による会社評価は、以下のようになっています。

  • 株式会社明治:5点中3.5点:回答人数20人
  • Meiji Seikaファルマ株式会社:5点中3.5点:回答人数13人
  • こちらは転職会議と比べて点数は落ちますが、VORKERSは比較的厳しめに点数が付くので、個人的にはやはり評価は高いのだな、という印象を受けました。つまり、従業員の会社への気持ちはなかなか良好だと推定できます。

    <経営トップ>

    次に、経営トップについてみていきたいと思います。明治HDのIRサイトを見てみると、最近経営トップに交代があり、現在は代表取締役会長に浅野茂太郎さんが、代表取締役社長には松尾正彦さんが就任しているようです。

    ・代表取締役会長:浅野茂太郎さん
    1943年9月17日生まれ(72歳)。学習院大学法学部を卒業後、明治HDに統合される前の明治乳業に入社。販売企画部長、取締役、専務、副社長を経て、2003年に社長。2009年に明治HDが設立されて副社長。HD傘下の株式会社明治の社長などを経て、2012年に明治HD社長。2014年に会長。

    ・代表取締役社長:松尾正彦さん
    1946年8月7日生まれ(69歳)。慶應義塾大学経済学部を卒業、明治HDに統合される前の明治製菓に入社。執行役員薬品国際事業本部長、取締役薬品生産本部長・薬品国際事業本部長、専務、Meiji Seikaファルマ株式会社の社長を経て、2014年に社長。

    どうやら社長の松尾さんは海外経験が豊富なようです。明治HDとしては今後、縮小する日本市場に加えて、海外の市場を狙っていくということなのだと思います。そういえばタイに旅行で行った時に、コンビニには普通に明治の製品が置いてあったことを思い出しました。会長がどれほど会社の経営に口を出しているのかはわかりませんが、今後の明治の方向性に海外が組み込まれているのは間違いなさそうです。では、次に財務諸表の分析に入っていきたいと思います。

    <使用するデータ>

    今回の財務分析を行うに当たって、使用するデータは2010年3月31日〜2014年3月31日の有価証券報告書になります。

    ※分析を開始するにあたって、資本主義の原則に従って、会社は株主のモノというスタンスで分析します。

    <明治HD分析:ざっくり>

    まずは、明治HDの活動をざっくりと分析してみます。様々な本にも記載されていますが、企業の経営活動とは突き詰めると3つに集約することができます。それは

  • お金を集める
  • 集めたお金を運用し売上を生み出す
  • 売上から利益を残す
  • この3つの活動をどのレベルで明治HDが行っているのか、時系列でみていきたいと思います。まずは最初の「お金を集める」の段階です。明治HDどのようにお金を集めているのかを「自己資本比率」という指標を使ってみていきたいと思います。

    <明治HD:自己資本比率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    40.8% 41.0% 39.8% 40.8% 42.1%

    となります。自己資本比率とは、簡単に言うと「今持っている持ち物のうち、株主の取り分を示す割合」となっています。例えば資産100億の会社の自己資本比率が1%の場合、株主の持ち分は1億円で、残り99億円は借金で手に入れたモノということになります。

    具体的にいうと、例えば僕が車や家、豪華なインテリアなど、総額100億円分の資産を持っているとします。すごく裕福に見えますが、そのうちの99億円を銀行から借金してそれらの車や家を購入しているとしたらどうでしょうか。「こいつ、返済計画とか大丈夫か?」となると思います。さらに深く突っ込むと、これらの家や車、インテリアなどは返済が終わるまで「銀行のモノ」になるのです。そのため、自己資本比率が高い会社は安全性が高く、逆に低い会社は安全性が低いと言われます。

    明治HDの自己資本比率は大体40%前後で推移していますね。2014年の資産の金額は785,513百万円、つまり約7,855億円なので、このうち3,142億円分が株主のモノで、4,713億円分が借金で賄われているということです。ちなみに、自己資本比率の理想は50%と言われているので、明治HDは少しだけ借金に依存しているということができます。

    次に、企業活動の次の段階、「集めたお金を運用して売上を生み出す」についてみていきたいと思います。これには「総資産回転率」という指標を使用します。

    <明治HD:総資本回転率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    1.52 1.56 1.48 1.43 1.47

    となります。大体1.5回転あたりで推移していますね。これは「持っている全ての持ち物をどれくらいうまく使用して売上を上げているか」を測る指標になります。例えば1.5だとすると、資産が100万円だとすると1年で150万円の売り上げを上げたことになります。つまり、持っているものをグルグルとうまく使ってより多くの売上を上げると、この数字はより高くなるということです。逆に、ほとんど売上を生まないような非効率な資産ばかりだと、この回転率は非常に悪くなります。

    こちらの指標は、1.0くらいあればまぁ良いのではとされているので、明治HDは1.5をあるので有効に資産を活用しているということができると思います。菓子業界のような数を売って稼ぐような業界ではこの指標は高くなる傾向にあると思いますが、効率性は高いと考えてもよさそうです。

    次に、企業活動の次の段階「売上から利益を残す」についてみていきたいと思います。これは、「売上高当期純利益率」という指標を使ってみていきます。

    <明治HD:売上高当期純利益率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    1.22% 0.86% 0.64% 1.50% 1.65%

    となります。「え?低すぎ・・・」という感想になってしまいました。これは低い。びっくりしました。大体1%前後で推移していますが、低い。何度も言いますが業界トップレベルの企業としては低いです。この指標は「売上高からどれだけ利益として株主に残すことができたか」というものになります。例えば1%で考えると、100円のヨーグルトを売ったとして、最終的に株主のもとに残るのは1円ということになります。

    これは推測ですが、きっと会社に多くの無駄が残っているのだと思います。利益を生まない会議や社内調整などが多く、全然働かない従業員にもまんべんなく給料を支払っているという可能性もあります。良くも悪くも、古き良き日本企業から脱しきれないのかもしれません。全部推測なので、損益計算書の推移や他社との比較が必要ですが。

    最後に、株主から見て明治HDはしっかりとリターンを期待できるのかということを見ていきたいと思います。これには「ROE」という指標を使います。

    <明治HD:ROE>

    2010 2011 2012 2013 2014
    4.5% 3.3% 2.4% 5.3% 5.8%

    この指標も少しずつ改善はしていますが、常に高い数字を生み出しているとは言えないですね。これは、株主が投資した分に対して、どの程度のリターンを生むことができたかということを表していています。例えば2014年で見ると、株主が仮に100万円を投資したら、2014年度は5.8万円のリターンを生むことができました、ということです。

    <明治HDまとめ>

    まとめると、明治HDの企業活動は、ほんの少し借り入れに依存しながら資産を集め、それらの資産を効率よく売り上げに変えているが、そこから利益を残すのがそこまで得意ではない企業だと推測できます。そのため、まだまだ株主資本に対するリターンの割合も高くない水準で推移しています。

    業界トップの明治でさえこの水準と考えると、それ以下の食品業ではもっと悲惨なことになっているのでしょうか。ちょっと食品業界の企業についていろいろ調べてみたくなりました。

    以上で、明治HDの企業分析を終わりたいと思います。

    ではでは


    posted by 鈴木明 at 19:44 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。