2015年04月26日

[英語勉強法]リスニング導入編

今回は英語の勉強方法、特にリスニングの勉強方法について書きたいと思います。今から本格的に英語を勉強して、今後海外で活躍しようと思われる方は絶対にリスニングを鍛えてからの方が良いと思います。

<リスニングの重要性>

僕は英語で一番重要なスキルは何ですか、と聞かれたら

海外で生活するなら1番はリスニング、次にスピーキング
受験なら1番はリーディング、次にライティング
ビジネスなら1番はライティング、次にリーディング

だと思います。つまり、活用するシーンによって必要となる英語のスキルに違いがあり、冒頭で言ったような海外での生活を行なう上で(外国人と話すコミュニケーションにおいて)、一番重要なのはリスニングだということです。

個人的な話になりますが、僕が留学して最初にぶち当たった壁は、「誰が何を言っているかさっぱり分からない」と言うことでした。英語に関しては留学前の日本にいる間にあれだけ勉強したのに。。。という絶望的な気持ちになったことを今でも覚えています。

もし自分の意見をスラスラ言えるスピーキング能力を持っていたとしても、外国人とのやりとりになった際、聞き取れないから何を言ったら良いのか分からない。こんな事態が発生してしまいます。僕も質問は出来るけど肝心の返答の中身が分からない、という残念な事態を何度も発生させました。

※留学中、僕が質問して、返答を貰っては内容がわからず愛想笑いで返していたのにも関わらず友達でいてくれたJ君、B君、申し訳ないです(笑)。

<リスニング勉強法>

では、リスニングはどのようにして鍛えれば良いのでしょうか。まずは、リスニング能力についてのゴールを定める必要があると思います。僕もまだ完璧では無いのですが、目指してみるゴールとしては

「相手が大体何を言っているのかが分かるので、何と返事をすれば良いかが分かるレベル」

としておけば問題無いのではないでしょうか。

以下から、昔は偏差値30台だった僕が、どのように英語の能力について延ばしてきたかを書きたいと思います。今回はリスニング編です。

英語勉強法:リスニング基礎編
英語勉強法:リスニング中級編
上級編:留学時代

のそれぞれに分けてどのようにリスニング能力を伸ばしてきたかについて書いていきたいと思います。英語のリスニングに困っている人は参考にしてみてください。

ではでは


posted by 鈴木明 at 19:40 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。