2015年03月29日

難関資格を目指す人へ

ずいぶん前に、難関資格を目指している人に向けて連続ツイートしたことがあったのですが、そのことに関して少し書いてみたいと思います。

<難関資格を目指す人へ>

世の中には、難関資格と呼ばれるものがたくさん存在します。例えば、日本で言えば下記のようなものが難関資格に該当すると考えられます。

  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 弁理士
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • もちろん、上記以外に他にもたくさんあると思います。このような資格に共通するのは、難関であるがゆえに合格率が低く、合格することによって周囲の目も変わることなどがあります。資格によっては、その資格保持者にのみ許可されている、独占業務が与えられていることもあります。つまり、ある種の「安定」と「収入」が見込めるのです。これらのことから、上記のような資格はいつの時代でも一定の人気があります。もちろん僕も上記の全てに対して一度は「目指そうかな」と考えたことがあります。

    そして上記のような資格を目指す人は、以下のような動機を持っていることが多いと思います。

  • 弁護士になって、困っている人を助けてあげたい
  • 公認会計士として、資本社会の秩序を守りたい
  • 弁理士として企業の知的戦略のサポートがしたい
  • 税理士として、中小企業の社長の右腕になりたい
  • 中小企業診断士として、コンサルを行い企業を元気にしたい
  • もちろん安定や高収入を得たいという考えが主な動機の人もいると思いますが、僕が今まで出会ってきた人にはやはり上記のような社会に貢献したいという素晴らしい人が多かったです。今難関資格を目指している人の中にも、このような夢を達成するために毎日必死に勉強している人がいると思います。僕も大学受験や働きながらUSCPAの勉強をしているときは、「グローバルに活躍できる人材になって、社会に貢献したい」という気持ちで必死に勉強しました。

    こういった経験や、僕が今まで所属した組織の人々、そして友人や知人などの話を通して、ずっと思っていることがあります。それは、難関資格を目指す人ほど、勉強と並行して「合格したら働くであろう分野」での業務経験を積んだ方が良いということです。

    業務経験を積むということは、普通に就職して働くという手段もありますが、例えば税理士を目指すなら税理士事務所にインターンという形で関わる、またはアルバイトや契約社員で働くといった手段も考えられます。資格を取得したら働く可能性が高い(または目指している)場所の実際の業務に、少しでも近い経験を行うことによって、以下のメリットを享受することができます。

    <自分に合っているか確認することができる>

    まず、自分が目指している場所での業務が、実際に自分が思った通りの環境なのかを確認することができます。例えば弁護士事務所で困った人を助けてあげたいと思っていたのに、実際は自分が助けたくないような人を、お金をもらって助けなければならないかもしれません。もしかしたらその経験が、自分にとっては耐え難いことなのかもしれません。実際に働かなければ、自分が求めているものがそこにあるのかを知ることもできないし、実際の業務が自分に合っているのかも感じることはできません。この「差」を埋めるために、とりあえず勉強しながらどのようなものかを確認してみるのが大事だと思います。

    <その世界の人の生の声を聞くことができる>

    次に、その世界で働いている人の生の声を聞くことができるというメリットがあります。例えば税理士になりたい人が税理士事務所で働けば、そこには自分が目指している税理士がすでに存在しているのです。その人に、どのように勉強したのか、実務での注意点、今は何を勉強しているのかなど、とにかく様々な情報を得ることができます。場合によってはその時の人脈が合格後に何らかの形で活きるかもしれません。試験勉強は情報戦なところもあるので、既に合格している人が存在している職場で、そのような人たちと一緒に働き生の声を聞くことができるというのは、非常に有利だと思います。

    <実務と知識をリンクすることができる>

    さらに、勉強して得る知識と、実際の業務がどのように繋がっているのかを知ることができます。逆に、勉強したことが実際はあまり業務に関係がないということを知ることができるかもしれません。僕の場合は、財務部で働きながらUSCPAの勉強をしていましたが、仕訳や連結作業などの時には知識と実務の繋がりを感じて非常に楽しかったですし、内部統制や税務の業務も実際の世界ではどのように運用されているかを知れて非常に良かったと思っています。僕の友人に税理士を目指している人がいるのですが、その人も税理士事務所で働いており、知識を実務で使用することによって、より深く理解することができたと言っていました。僕もこの意見に同意です。

    <イメージが数段階、具体的になる>

    上記のような目標は見ると分かると思うのですが、結構抽象的なものになっています。将来の目標に向かう動機づけとして、そのままではモチベーションを維持するのが困難となることがあります。特に、まだ社会で働いたことがない人にとっては、実際に働くとはどのようなものなのかを知らずに、モチベーションを保って勉強を続けるのはなかなか困難だと思います。しかし、実際に資格を取得してから働く予定である場所で働いてみると、どのような業務があり、どのような問題を解決しているのかをリアルに知ることができます。これにより、漠然としたイメージから、「○○の時に○○の問題で困っていた人を、○○を通してサポートできる」など、より具体的なイメージにすることができます。つまり、勉強内容がリアルな世界と具体的に結びつくことによって、勉強に対してより大きなモチベーションを持つことができるのです。

    <選択肢を得ることにつながる>

    実際の実務に携わることによって感じることは、良いことばかりではないのかもしれません。自分に目指している業界は合っていると感じないかもしれませんし、働いている人は愚痴ばかりで希望が持てないかもしれません。実は勉強している知識のほとんどを実務では使用しないかもしれませんし、実務を経験することによって逆に勉強へのモチベーションが下がってしまうことも十分ありえます。僕は、このような作用も逆にメリットだと考えています。なぜなら、それを知ることによって、他の選択肢も考慮することができるからです。勉強にのみ専念している人は、自分が実際に働いてみるとどのように感じるかを知ることができません。経験しないと自分がどのように感じるかはわからないのです。仮に1年を通して勉強と実務経験を同時に積んだ結果、自分には合っていなかったと感じた場合は、別の選択肢を考えてみればよいのです。

    「1年も勉強してきたのに勿体ない」と感じるかもしれませんが、残りの人生をずっと自分に合わない道に縛り付ける方がよほど勿体ないと僕は思います。もし実務経験を通すことによってそれが1年で発見できたとすれば、ものすごく幸運なことであり、合わないのであれば別の道にまたチャレンジできるのです。

    逆に、勉強に専念することによって合格した場合はどうでしょうか。上記の例とは違い、1年を勉強に専念することに費やし、高倍率を潜り抜けて合格することができました。これで難関資格の合格者ということになりました。実務経験を積むために、その業界に足を踏み入れます。そして1年間働いた後で、自分には合わないのではないかと感じたとします。

    この時点で勉強開始から2年がたっています。さらに、難関な資格を突破したということで、「今やめるともったいない」という気持ちが大きくなってしまいます。そのため、合わないと感じていながらもその業務を続けることになり、年月が経つことによってさらに別の選択肢を取りにくくなっていくというスパイラルに陥ります。

    僕は、難関資格であればあるほどこれが当てはまりやすいと思います。難関資格であるがゆえに目指す人が抱くイメージは高くなりやすいと思いますし、実際の業務との落差が大きくなりやすいと思います。さらに、実際にその資格を突破した後に、そのステータスをあっさりと捨てることはそれこそ困難です。例えば、仮に実際に弁護士になった後に自分に合わなかったと気が付いて、周囲の人に「弁護士やめて○○になる」というと、どれほど「せっかく弁護士になれたのにもったいない!」と反対されるかは想像できると思います。

    こうなる前に、実際に働く経験を通して、自分に合っているか合っていないかを判断できればそのリスクを軽減することができます。もちろん全てが合うということはほとんどないですし、全てが合わないということもありえないと思います。要は自分が実際の業務に耐えられるのか、それを知るために勉強しながらその業界で働くのが一番効率的だと思うのです。

    もし勉強と仕事を両立した後に、その業界でやっていけると感じれば、一旦仕事は辞めて勉強に専念すればよいと思います。その際には実務のリアルな経験が勉強に活きてくると思いますし、合格後にはそこに人脈があるので戻れるかもしれませんし、そこで働いている人が別の職場を紹介してくれるかもしれません。すでに実務経験を少しとはいえ積んでいるので、採用側からみて非常に助かる人材となる可能性は高いですし、一旦実務を経験してから考える志望理由は他社との差別化が図りやすいと思います。

    もちろん、「少し働いた程度でその業界のことはほとんどわからない」、「勉強時間が確保できない」などの様々な反論はあると思いますが、僕は人生が一度だと考えると、上記にあるようなメリットが大きいと考えます。全くその分野を知らない状態から難関資格の勉強に専念している、しようとしている人がいれば、少し実務に携わることを考慮してみてはいかがでしょうか。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 14:04 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年03月22日

    一橋大学優秀論文発表会兼説明会

    先日、一橋大学大学院の優秀修士論文発表会兼説明会があるとのことでしたので、早めに仕事を終わらせて見に行くことにしました。少しでも大学院ではどのようなものが評価さえているのかということと、実際に国立の大学はどのような雰囲気かを知りたかったためです。よく言うと自分がお金と時間を投資してまで行く必要があるのかを判断するために行ったということになります。結論から言うと、この発表会兼説明会には参加して良かったと思っています。そこで、発表会と説明会についてそれぞれ書いていきたいと思います。

    <優秀論文発表会>

    【会場状況】
    まず会場の状況についてですが、1つの会場で2部屋を使用して発表会を行っていました。1つの部屋ではバリバリ金融工学のモデルなどに関連したことの内容を発表しており、もう1つの会場ではどちらかというと会計寄りのコーポレートファイナンス関連の論文を発表していました。僕は後者のコーポレートファイナンスのほうに迷わずに入りました。全く理解できない分野の論文を聞いてもいろいろ判断しにくいですから。この発表会は平日の夜に行われていたので、個人的には人が全然いないだろうと思っていたのですが、意外に(失礼か)40名弱もの人がいて驚きました(もう一つの部屋は不明)。年齢層はバラバラで、20代に見える人もいれば50代くらいに見える人もいました。男女比はみたところ7:3〜8:2で男性の方が多いといったところです。

    【論文について】
    そして肝心の論文に関してですが、ひとつひとつを取り上げて紹介はしませんが、紹介された論文に共通する骨格のようなものが見えました。プレゼン用に凝縮したもので発表していましたが、それぞれの論文は以下のような構成になっていることがわかりました。

  • 表題
  • 仮説設定
  • 先行研究
  • 使用する言葉の定義など
  • 使用するデータ・サンプリング対象など
  • 分析に使用した手法
  • 仮説検証・分析
  • 場合によっては追加検証・分析
  • 結果
  • まとめ・考察
  • なるほど、と個人的には思いました。実は大学時代は後半に交換留学を行っていた理由によりゼミには所属せず、卒業論文といったものをしっかりと体系立てて完成させたことがなかったのですが、どのように進めるべきなのかがなんとなく分かったような気がしました。もちろん上記の骨格でサクサクと進むわけがないのですが、上記の形に添って論文を進めるのが一つの定石と考えても問題はなさそうです。

    【感想】
    この発表会をみた感想なのですが、上記のように論文をどのように進めればよいかがさっぱりわからなかった僕としては、その不明な部分に少しでも光を当てられたことで既に十分以上の価値を得ることができました。仮に出願するとすれば、上記の形を少しでも見せられるような書類を準備すればよいのだろうと感じました。

    また、各発表者がプレゼンで僕が全く想像もできないような分析手法(主に統計的な話)を駆使して分析を行っていたのが印象的でした。このような統計的な手法に関しては過去に本を読んで知ったつもりになっていましたが、実際に手法を使用してなにかを行うという行為は今まで未経験なので、金融のフレームワークとともにその分析手法を身につけに行くのもありではないかと感じました。

    上記とは逆に、会計的な話に関しては大体理解することが出来ました。あらためて会計に関する知識のバックグラウンドは強いことを認識しました。むしろ、上記のような分析を行って一つの仮説を検証しようとする場合、会計の知識の前提が無ければ達成しえない、つまり最低限(簿記2〜3級程度、それ以上であれば尚可)の会計の知識は必須なのではないかと感じました。講義にアカウンティングなどもありますが、まずは会計の知識があればスタートで出遅れる可能性は低いのだろうと思います。

    <大学院説明会>

    【説明会状況】
    次に、発表会のあとにあった説明会について書いていきますが、こちらは30分程度の時間しかなかったので、普通に6月4日に予定されている入試説明会に参加したほうが大学院に対する深い理解を得られると感じました。参加していた人は40名弱で年齢層は様々、そして男女比はみたところ7:3〜8:2という状態でした。発表会とほとんど同じです。ただ、発表会は2つの部屋で行われていたので約半数が帰ったのですが、説明していただいた教授も仰っていたとおり在学生もたくさん発表会に参加していたのでしょう。

    【早稲田との比較】
    説明会に参加してみて、一橋大学の大学院は早稲田と比較してみると非常にわかりやすいような気がしました。そこで、下記に個人的に感じたことを列挙してみようと思います。

    ・理論と実践
    教授のバックグラウンドを見る限り、理論と実践の比率で行くと明らかに理論寄りだと感じます。一橋大学は理論と実践のバランスが良いという宣伝を行っていますが、ここは理論寄りだろうと僕は思います。教授のバックグラウンドで実務経験者が多いのはやはり早稲田の方だと思います。教授の数が違うという点を考えれば単純比較は危険だし、実務経験は他の生徒や自分の業務で十分だという考えを持てば、ここに重点を置く必要はないと考えられますが。

    ・人数比率
    一橋大学は定員が40名程度です。これに対し教員が9名であり、5〜8名に対し1名の教員という話をされていました。これは非常にメリットだと思います。少しでも組織を動かす立場を経験すればわかりますが、10人を超えると一気にマネジメントが難しくなるとおみます。この人数でゼミに取り組めば、密度の濃い学習が可能な気がします。逆に早稲田のほうは定員が100名以上と多く、このような密度を達成するのは容易ではないと考えられます。必然的に、講義スタイルが一般的になると考えられます。

    ・修士論文
    一橋大学は論文の提出が必須のようです。これも上記の人数比が可能にしているのでしょう。この論文に対して真剣に向き合い、教員のノウハウをしっかり吸収することが出来れば、数年である程度の知識までたどり着くことができそうです。早稲田は論文が必須ではなかったと思います。講義を受けて修了できるので考えようによっては楽ですが、何か形を残したいのであれば論文を書くのが効果的だと思います。

    ・計量分析
    僕が発表会で驚いたのは、各発表者が普通に統計的な分析を用いて論文を組み立てていたことです。個人的なイメージでは、文系の人はそこまでデータにこだわらないという印象がありました(すいません、僕です)。つまり、僕に全く足りていないあのような手法が身に着けられるとすれば、論文を通して身に着けたいと感じました。この点は早稲田に関しては不明です。

    ・雰囲気
    ここは表現するのが非常に難しいですが、やはり一橋は国立の雰囲気、早稲田は私立の雰囲気があります。僕の大学は私立なので、早稲田の雰囲気はなんとなく懐かしかったのですが、一橋の雰囲気は新鮮なものがありました。

    ・費用
    やはり国立は費用が安いです。びっくりしました。卒業までの金額を比較すると、倍以上の差額が発生してしまいます。僕も社会人になって、お金を貯めるのがいかに大変か、そして奨学金を返却するのがいかに大変か、身をもって知ることになったので、この点も非常に重要だと感じます。

    以上が簡単な比較でしょうか。一橋の発表会のあとなので一橋寄りな内容になっていますが、今回は説明会の内容がそこまで深くなかったため、6月4日の入試説明会には参加しようと考えています。

    うーん。英語と会計と統計を身につければもっと良い相乗効果があると思うのですが、迷います。参考に、早稲田の説明会に参加したあとの記事のリンクを貼っておきます。なんか今になって読み返すと別人な感じがします。笑

    参考:早稲田ファイナンス大学院説明会

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 16:45 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年02月24日

    簿記を義務教育に

    皆さん、高校までの学校の授業で何か人生に役立っているというものはあるでしょうか。日本に生まれた大体の人が、合計で10年以上学校に行っていると思います。10年以上、毎日何時間も学校で勉強しているということは、やはりそれなりに人生に役立つことを勉強しているのだと思います。そこで冒頭の質問に戻るのですが、学校で学んだことで何か人生に役立っていることはあるでしょうか?

    この記事を書き始める前、僕は結構役に立っていると言えるものをあげられると思っていました。だって、10年以上も通った学校ですから。高校に至っては皆勤賞だった記憶があります。成績は散々でしたが。そんな僕の場合、人生に役立っているものは

  • 算数
  • 国語

  • 。。。冗談抜きでこれくらいかもしれません。簡単な計算が出来て、文字の読み書きができる。これ以外に学校で習ったことで今の人生に役立っていることが思いつきません。僕は高校を卒業してから本格的に英語を勉強し始めたので、学校で英語を勉強した記憶がありません。

    そこで提案なのですが、義務教育に「簿記」を導入するのはどうでしょうか。どうせ子供の大半は勉強することが嫌いですから、簿記のような人生の役に立つことを義務教育で教えれば色んなメリットがあると思います。

    <メリット1:日本人がビジネスに強くなる>

    ただでさえ経済大国の日本人が、基本的に簿記がわかるような人種になればもっと大きな経済発展が見込めます。過去に財務部・経理部にいた経験からわかるのですが、会社の数字のことを全く理解していないビジネスパーソンがあまりにも多すぎです。(余談ですが、経理部の人間は、会計や簿記のことがわかっている営業部の人と話すとなぜか妙に機嫌がよくなる傾向にあります。)

    会計はビジネスの共通言語です。日本人の大半がビジネスマンになる時代に、国語と英語を教えて、簿記を教えない理由はありません。

    <メリット2:日本人のマネーリテラシーが上がる>

    簿記を勉強したことがある人にはわかると思いますが、簿記を勉強することによって世界の見え方が少し変わります。経理部の人たちは、自分の持ち物についても「耐用年数」とか「減損」とか「費用対効果」とかの単語を交えて話します(半分冗談です)。さらに、簿記を理解しているので会社の財務諸表も読むことができ、周りの部の人より株式投資やふるさと納税など、自分の生活に直結するお金の扱いをしているひとが多かったように思います。

    このように、簿記を通じてマネーリテラシーがあがるので、日本人全体の富の蓄積に一役買うこと間違いありません。

    <メリット3:無駄な科目を減らせる>

    こんなことを書くと非難を浴びるかもしれませんが、僕にはどうしても古文や漢文などを義務教育で勉強する意味がわかりません。全く記憶にありませんし、大学生になってから触れた記憶もありません。

    冷静に考えるとこれは人生の無駄につながると思います。お金は稼いだり貯めたりできますが、時間だけはどうしても貯めることができません。子供時代という最高に貴重な時間を、これらの勉強に費やすのはどうも僕には賛成できません。それなら代わりに簿記の勉強をした方が、最終的には何百倍もその子供のためになると思います。

    <計算してみる>

    仮に、中学生と高校生の1週間のうち1時間を簿記の授業に変更すればどうなるでしょう。1年を52週間として、夏休みなどを考慮して1年に45回授業があるとします。

    45回×6回 = 270時間

    なんと大学に入るまでに270時間も簿記の勉強をすることができます。もしこの授業を公務員の先生を使わず、DVDの授業で専門学校のもっとも人気がある講師の授業を使用すれば、日本人の成人の大半が簿記3級もしくは2級を持っている状態も夢じゃありません。

    何言ってんだこいつと思われるかもしれませんが、わりと本気で僕はいい案だと思っています。社会にでて、会社の数字に強い人と弱い人を見て、ここまで差がでるものなのかとずっと思ってきました。少し簿記を勉強すれば一瞬でその分の差を埋めることができるのに、「つまらなさそう」とか「単語が意味不明」とか言ってやらない人が多いのです。

    であれば、いっそのこと義務教育にして、日本人を全員最強のビジネスマン予備軍にすれば最高の景気対策なのではと思うのです。

    どこかの町でお試しで先行導入してくれないものですかね。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 22:18 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。