2014年08月27日

簡単な科目

今回はこのブログにたどり着いてくれた方の検索ワードに、「USCPA 簡単な科目」とあったので、それについて少し書いていきたいと思います。

結論からいきますと、人によります、となってしまうのですが、そんなことなら誰でも分かるよ!となってしまいますので、個人的に受験を通して考えたことで分類してみます。

<FARを簡単と思う人>

当たり前ですが会計に関する学部の人であればFARが一番簡単と思うのではないでしょうか。僕はカナダで数ヶ月、財務会計の基礎を勉強しましたが、USCPAのFARの知識には全然足りていませんでした。4年間会計学をやってきた人は、FARのレベルまで勉強していると思います。

また、簿記検定の1級まで取得している人は、FARのレベルでも英語が読めるようになれば簡単だと感じると思います。つまり、日本語での簿記や会計のバックグラウンドがある人はFARを簡単な科目と思う人の可能性があります。

<BECを簡単と思う人>

経済学部、経営学部卒業の人、またはそれらに関する講義を大学でたくさん取得した人が、BECが簡単な科目だと思うのではないでしょうか。僕は大学時代、ほとんど経済や経営に関係ない学部でしたが、経済学、経営学の本は自分で勝手に読んでいましたので、ある程度理解は早かったように思います。

また、簿記1級や2級を持っている人はこの科目に対して簡単な印象を受けるのではないでしょうか。僕もUSCPA合格後に簿記2級を取得しましたが、工業簿記の分野がBECの管理会計の一部分と非常に重複している印象を受けました。経済、経営の知識や工業簿記・管理会計のバッググラウンドを持つ人は、BECを簡単と感じるかもしれません。

<AUDを簡単と思う人>

英語(Reading)が出来ればAUDが簡単と感じるかもしれません。なぜならAUDには独特な表現が多く、複雑な英語をすらすらと理解できる人は時間的に余裕ができるからです。さらに計算問題などではなく、文章の意味合いを汲み取って、何が正しくて何が間違っているかを判断する必要あるため、Reading能力が高い人が有利です。

監査にはステップがあるのですが、「このステップで重要なのは○○」と瞬時に分かるレベルまで英文を理解できる人は、AUDが一番簡単と思うのではないでしょうか。更に付け加えて、本を良く読む人、日本で言う文系の人も文書を読み取る能力が高いので、AUDを得意とする人が多いかもしれません。

<REGを簡単と思う人>

暗記・忍耐が得意な人です。この能力の重要性は全部の科目に当てはまると思いますが、REGは特に暗記することが多い上に、日本では役に立ちにくいことばかりなので、一気に覚えて一気に忘れるのが得意な人は短期決戦、コツコツ覚える人は長期決戦になります。

どちらにしても計算と合わせて暗記力が大事になってきますので、暗記が得意な人は簡単と感じるのではないでしょうか。あとは法学部の人で商法関係を勉強した人などは、比較的取り組みやすいかもしれません。

以上です。ちなみに僕が一番簡単だと思ったのはAUDです。英語のReadingに関しては日本にいる間にも英語の本も何十冊も読みましたし、学術的な文章の音読も数千回以上行ったバックグラウンドが良かったのかもしれません。TOEFLもReadingセクションのみほぼ満点で、Readingのおかげで留学もいくことができたくらい英語はReadingのみ得意です。

そのため、AUDは非常に早く深く理解できました。また、当時の業務で監査法人対応があったので、彼らの行動を理解しようとする意欲が高かったのもポイントかもしれません。

当然ながら、上記に当てはまらない人も、一旦勉強すれば必ずどこかの科目で得意、不得意がでてくると思います。USCPAは時間と労力をかければ必ず理解できるようになっている試験ですので、あきらめないことが最重要です。たとえ不得意と感じても、絶対にいずれ合格と信じて頑張ってください。

ではでは

posted by 鈴木明 at 08:27 | [USCPA情報あれこれ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

USCPAライセンスの意外な効果

今回は最近働いていて感じたことを書きたいと思います。それは、意外なUSCPAの効果です。今思うと別に意外でもなく、想像がつくのですが、とりあえず書いていきます。

それは、「なめられない」ということです。

これは個人だけではなく、個人が所属する会社単位でも言えることですが、これではあまりにも抽象的過ぎるので、具体的な経験を書きたいと思います。

僕は仕事上、銀行員の人々や資産運用の提案を営業しに来られる方と話す機会が多いのですが、最初に日本のサラリーマンとして、名刺交換を行ないます。

この際に、大体の人が名刺の中身を見ます。このとき、大体の人がピタッと一旦停止します。僕の名前は置いておいても、確実に「USCPA」「米国公認会計士」というポイントに目が注力しています。

このとき、

「へぇ〜」と感心する声をあげる人もいれば、

「えっ」と何とも言えない声を出す人もいます。

名刺を見た人からは色んな反応がありますが、何らかの反応が確実にあるのです。そして、人によっては、そこから話のタネになり、少し会話が弾みます。それをキッカケに商談相手が証券アナリストを目指している話を聞いたり、社内テストのTOEICで苦しんでいるという悩みを聞いたりします。

さて、その後に仕事の話に入るのですが、ここで先ほどの名刺交換が活きてきます。僕がじんわりとUSCPAの効果を感じたのはここです。

それは、会計や金融の知識がある程度あるという事実が相手に伝わるので、アホな話を切り出される可能性が低くなるのです。アホな話というのは、もちろん自分が働いている会社にとってそこまでメリットがない話です。

残念ながら内容を詳しく話すことは出来ないのですが、提案されたことに対して少しでも疑問に思ったこと等をその商品を通してどんどん聞いていくこともできます。

相手にしても、こちらが資格持ちであることによって適当に返事が出来にくくなります。僕が知っているのにも関わらず、あえて質問してきているかもしれないと思っている可能性もあります。

ある営業の方にいたっては、少し説明してくれると同時に「まぁ、ご存知だとは思いますが。。。」と何度も何度も付け加えてしまっていました。何となく自信が無いように感じられ、何とも言えない気分になったものです。まぁ実際知っていたのですが。

他の方は、仕事の話が終わった後に、「御社ではこういった資格を持っている人が大半なのですか?」と心配そうに聞いてきました。実際、大半ではないですがスキルに溢れている人たちが多いのでその旨を伝えると、「すごいですね〜」と普通に感心されていました。

このように、会社の代表として話す際にある程度の知識が有ると相手に印象づけることが出来ると、情報弱者を騙すような商品は提案されませんし、会社自体に知識がある人がそれなりに揃っているという印象を与えることができます。

個人として、会社としてなめられないようになる、これが僕が最近感じたUSCPAのライセンスを持つ効果です。実際は騙されまくっているかもしれませんが(笑)、これからも精進して市場価値がある人間を目指して行きたいと思います。

ではでは

posted by 鈴木明 at 00:06 | [USCPA情報あれこれ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

USCPA予備校プロアクティブ紹介

今回は僕が予備校として選択した、プロアクティブについて書きたいと思います。

プロアクティブとは?

バイリンガルの米国公認会計士、佐々木先生による講義がウリの、米国公認会計士やBATICの講義を行なっている予備校です。他の予備校とは違って、米国公認会計士と英文会計に特化しているのが特長ではないでしょうか。USCPAに興味があるのに聞いたことが無かった人は、

「米国公認会計士 プロアクティブ」

などで検索してみてください。必ずヒットします。ただ、プロアクティブだけで検索すると、某スキンケア商品が登場する可能性があります。

さて、この予備校について書きたいことはたくさんあるのですが、客観的な情報を書いてもパンフレットや他のサイトをみれば良いということになってしまうので、超主観的に書いていこうと思います。

<この予備校を利用して、どう合格したか>

まさに主観的ですね。僕がどうやって予備校を活用したかを書くことによって、予備校紹介としたいと思います。

1:予備校申し込み前
実は、この予備校に申し込む前に自分でAmazonを使用してWileyの問題集を購入して、独学しようとしたことがあります。実際にやってみると、あまりに意味が分からなくてすぐに挫折しました。そこで、お金を貯めて予備校の通信講座に申し込むことにしました。

2:予備校申し込み
さて、いざ申し込もうと思った時に、色んな予備校を比較しました。パンフレットをたくさん取り寄せて比較しました。その中で僕が選んだのがプロアクティブでした。理由としては、まず何よりも受講料が比較的安かったということがあげられます。実は当時は社会人1年生で全くお金がなかったのです。

そんな時にこの予備校より、○○日まで限定で○○%オフ!というメールが届いて、急いでカード会社に電話して与信の限度金額をあげてもらい、12回払いにして申し込んだことを覚えています。当時の僕にとっては巨大なリスクをとった挑戦でした。結果として大成功に終わりましたが。また、教材が英語というのも魅力的でした。やはりテストそのものが英語なので、習う時点で英語の方が手っ取り早いだろうと思ったのです。

3:USCPA試験申し込み
少しでもUSCPAを目指した人ならわかるように、実は試験を受けるためにアメリカとやりとりする必要があるのですが、これが非常にめんどうです。プロアクティブは受講すると自分のマイページが与えられ、現在どこまで申し込みの手順が進んでいるか進捗管理ができるので非常に便利です。もちろん申し込む際に必要な書類などに英語でどのように記載するかの記載例なども記載されているので、それにしたがって手続きするだけで問題なく受験することができました。

4:勉強開始
さて、勉強を開始しました。僕は、講師がダラダラと教科書を説明する講義が大の苦手です。真面目な人が好むような静かな講義というやつですね。それとは違って、僕は先生が「良く言うと情熱的な、悪く言うと暴走している授業」を好みます。プロアクティブの佐々木先生の講義は、情熱的な方の講義になります。非常に情熱的に授業をすすめられます。会計という分野をよくここまで熱く教えられるな、と感心します。それが僕の頭にフィットして、知識を定着させることが出来ました。問題を解いていると、その分野の先生の講義が強烈なので思い出せるのです。

また、講義の多さも僕的にはちょうど良かったと思います。他の予備校の話を聞くと、講義の時間だけで倍以上あるのではないかと思えるくらいです。僕はUSCPAの勉強において重要だと思っているのは問題集の反復です。講義で知識のコアを固めて、問題集を通して知識を完璧に理解して、応用力をつけるというのが試験勉強の王道だと思います。その点を考慮すると、長過ぎる講義と言うのはコアが固められない上に問題集を解く時間が減るという事態になり、僕の勉強論とはかみ合いません。

ただ注意してほしいのは、人によって向いている勉強方法は違うということです。僕のようにメリハリのある講義でコアをみっちり勉強したあとに、細かい部分は問題集でつめていくという勉強方法の人もいれば、じっくり講義を聞いて理解度を深め、問題集で理解度の確認をする勉強方法の人もいます。自分がどちらの勉強方法に向いているかをまずは考えてみても良いと思います。

5:合格
過去記事で書いた時間を勉強に費やした後に受験して、合格することが出来ました。大きなリスクをとって予備校に申し込んだ時から約1年。非常にエキサイティングな時間を過ごすことができました。また、プロアクティブがなければ確実にあと数年はさまよっていたと思います。本当に感謝しています。

6:ライセンス登録
プロアクティブを利用してライセンス登録も行いました。足りない単位の把握、不足単位分の授業、ライセンスインタビュー、ライセンス申し込み手続きなど、全て受験生時代と同じように道筋をつけてくれました。おかげさまで問題なくラインセス登録することができました。

以上が僕の主観的な予備校紹介となります。相当ほめたと思いますが、興味がある方はまずは体験授業などに出席した方が良いと思います。先生の勢いがこの予備校の強みでもあり弱みでもあると僕は思います。合わない人は合わないと思います。最後になりますが、これから、または現在USCPAを目指している皆さんの検討を祈ります。頑張ってくださいね。

ではでは

posted by 鈴木明 at 23:02 | [USCPA情報あれこれ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。