2013年05月13日

ハワイホテル情報

USCPA試験会場情報編、今回はハワイ受験を行なった際に、僕が利用させた貰ったホテルの情報を書きたいと思います。USCPAをハワイで受験する際に大きな不安要素のひとつとなったのが、

「果たしてハワイのホテルって大丈夫だろうか?」

ということです。具体的にいうと、しっかりリラックス出来るのかということです。ハワイに合格という強い思いを持って受験しにいき、ホテルの環境が最悪で十分休息を取れずに試験時に本領を発揮出来ないとやりきれませんからね。

僕が泊まったホテルは、最高のサービスが受けられるというわけでもありませんが、嫌な思いをすることもありませんでした。値段も高い訳でも安い訳でもなく、全てにおいて普通のホテルだったと記憶しています。若手サラリーマンなのでそんなものかな、と。

最高のサービスを受ける程お金を払いたくもないし、かといって劣悪なホテルで試験時の自分のポテンシャルを削りたくない人は、僕が泊まったホテルを検討してみてください。

*2011年時点の情報ですので、記載事項が変更になっている可能性があることをご了承ください。

以下が、僕が利用したホテルになります。

名前:アンバサダーホテル
URL:http://ambassadorwaikiki.jp/index.aspx

なんと日本語サイトがありました。僕が見たときは、英語のサイトしかなかったような気がしましたが、やはりネットは世界を便利に変えていくようですね。以下、このホテルのメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

メリット

ホノルルの中心地から離れていないので、飲食物を手に入れることに苦労することはありません。ホテルの1Fにはテイクアウト形式のスタバのようなカフェがありますし、その近く(徒歩数十秒)にはコンビニのようなものもあります。僕はそこで飲み物やお菓子を調達していました。

徒歩数分の場所には、フードコートがあります。現地の人も行くような場所で、食べ物を手に入れることができます。ご飯を頼んだらスープなどもサービスしてくれてうれしかった記憶があります。

ホテルの部屋は結構広いので、中で勉強をすることも可能です。むしろ、外にでると観光地が持つ特有の空気に負けて、ついダラダラとしてしまう可能性が高いので、僕は常にホテルに閉じこもって勉強する道を選びました。

また、1Fのパソコンが置いてある部屋でインターネットは無料で自由に使用することができました。日本語の標記が若干おかしかった気もしますが、対して問題はありませんでした。

デメリット

これは試験会場に問題があると思うのですが、試験会場から、結構遠い場所に位置しています。これはホノルルにあるホテルであればどのホテルにもあてはまることなのですが、ハワイの試験会場は非常に中心地より離れています。

試験会場に行くにはバスに乗るか、もしくはタクシーを手配する必要があります。ホテルの人に頼めばタクシーを手配してくれるので、試験会場の住所は控えておいた方が無難です。

タクシーを使わない場合は、ホテルの近くに試験会場まで行ってくれるバスの停車するバス乗り場があります。僕は1日目のFARの際はタクシー、2日目のBEC際はバスと両方の手段で試験会場に行きましたが、慣れればバスの方が遥かに安い金額で会場まで行けるので、もし試験日より数日前にホテルに到着するのであれば、バスで試験会場に行く練習をしてみても良いと思います。ただやはりバスだと時間がかかるのがネックです。僕はバスに乗りながらひたすら復習していました。

以上、僕がハワイ受験の際に利用したホテル情報になります。数は少ないと思いますが、ハワイでの受験を検討している人の役に立てれば幸いです。

ではでは。

USCPA試験会場情報まとめに戻る

posted by 鈴木明 at 08:20 | [USCPA試験会場等情報] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

試験会場情報まとめ

USCPAの試験時に僕が利用した会場情報などのまとめになります。

僕がUSCPAを受験した際は、最初はハワイで2科目の同時受験でした。受験した科目はFARとBECでした。その際に2科目とも科目合格となり、その後、日本受験が解禁されたのを機に、大阪会場でAUD、REGを受験しました。後半の2科目は1科目ずつ分けて受験しました。つまり、合計3回試験会場に足を運んだことになります。以下が、それぞれの会場の情報のまとめとなります。

<USCPA試験会場等の情報まとめ>

ハワイ試験会場その1

ハワイ試験会場その2

大阪会場

ハワイホテル情報

アメリカでの試験と日本での試験を両方受験した結果、どちらが良いかと聞かれれば僕は強く日本受験をおすすめします。他の記事でも書いていますが、やはり日本にいるのであればアメリカ受験はリスクが高くなります。時差や環境の慣れという点で、日本受験に軍配が上がるのは間違いないと思います。

ただ、受験する州によっては、日本受験が許されていない州もあるので、ハワイ受験の情報も何らかの役に立つのではと思い、記載しました。アメリカ受験であれば、アメリカのどこで受験しても大丈夫なので、日本人に人気の受験地はグアムやハワイ、カリフォルニアやニューヨークのようです。全て観光を兼ねているような気がしますね。

日米、どこの試験会場で受験するにしても、最終的に重要になるのは、試験当日にどれだけ自分のベストを尽くせるかだと思います。そのため、もしアメリカ受験であれば眺めの休みを利用して、受験日の数日前にはアメリカに到着し、現地の状況に慣れておくなどの工夫が出来れば望ましいと思います。

日本受験の方も、もし受験会場付近があまり知らない場所であれば、前日はホテルに泊まり、試験会場周辺の状況を知っておいた方が良いと思います。試験全般に言えることですが、当日に試験会場の場所が分からず、遅刻しそうになって焦るパターンが一番良くありません。試験日前日までには、当日の自分の動きのシミュレーションが出来るようにしておきましょう。

ではでは。

posted by 鈴木明 at 08:17 | [USCPA試験会場等情報] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

大阪試験会場情報

USCPA試験会場情報、今回はUSCPAの受験情報として、僕が受験した大阪会場の話を書きたいと思います。

僕は大阪でAUDとREGを受験しました。最初の2科目(FAR、BEC)は、当時受験州であったメイン州が日本受験不可であったためハワイでの受験でした。日本受験に関しては、試験会場が日本にあるため情報も手に入りやすいと思いますが、とにかく情報が少ないのがこの試験なので、僕が受験した情報を書きたいと思います。

やはり、何も情報が無い状態よりは、少しでも情報を知っている方が試験も不安なく受けられると思うので、何かの役に立てればと思います。

<USCPA大阪会場情報>

・持ち物

日本での受験になりますが、最低限必要なのはパスポートとNTSになります。パスポートが身分証明書として一番無難な選択肢になるので、他の方法もありますが、パスポートを持っていくようにしましょう。受験ということで、最後まで勉強するために教材も持っていかないと落ち着かないかもしれません。僕も限界まで勉強はしたかったので、iPhoneとiPadに問題集のアプリを入れて、試験会場まで持っていきました。また、教材をPDFにしてiPadに入れて、問題集と教科書を最も軽い状態で持ち運べるようにしていました。 あと意外に役に立つのが、プリントアウトした(もしくはPDF化した)地図です。日本にあるので検索も出来るしそこまで迷わないと思いますが、すぐに手に取り調べられるという点で、不安をなくす手段としては十分だと思います。

・服装

日本受験のメリットとして、当日に服装を選択できるということもあります。たくさんの服を海外に持っていくのも面倒になりますので、海外での受験だと、その日の天候によって服装を変えることが非常に困難になります。やはりその日の天候に合わせた服装が出来る点で、日本受験では服装に気を使うことも少ないと思います。しかし、試験会場が予想以上に寒かった場合に備えて、少し重ね着が出来る、温度調整が可能な服装の方が良いと思います。

・場所
http://www.prometric-jp.com/access/jp/map_03.html
中津試験会場:大阪
〒531-0071 大阪府大阪市北区中津1-11-1 中津センタービル7F
電話番号
06-6376-5811

これは2012年の情報ですので、最新情報の確認は必ず行なってください。
試験会場の場所として、目印はラマダホテルと中津駅になります。1階にセブンイレブンがあるビルの7階にあるのですが、ビルには勝手に入ることができます。ビルの入り口を見ると、入って良いのか迷うと思いますが、特にプロメトリックセンターといった看板等はビルの入り口には無いので、気にせず入りましょう。

・センターにある設備

ハワイと比べると、大きいロッカーが用意されています。A4ファイルが入る鞄がすっぽり入るので、大きい荷物を持っていっても大丈夫です。ロッカーには鍵がかけられるようになっていて、試験会場のスタッフに鍵を貰い、貴重品等を入れておきましょう。

・センター内の雰囲気

僕が受験した際は、スタッフの方々は非常に親切でした。USCPAの試験の後にスタッフの対応等をアンケートで答える場面があるので、ある程度親切になるのは当然だとも考えられますが。スタッフの方とも全て日本語でのやりとりになります。始めての受験の方は、どのようにすれば良いか丁寧に説明を受けるので、心配することは何もありません。

・センター周辺

大阪の試験会場近くには、スタバのようなカフェがあるので、会場に入る直前まで勉強することができます。僕は昼からの試験だったのですが、朝からスタバで勉強して、最高のコンディションで挑むことができました。また、先述の通り、試験会場ビルの1階には、セブンイレブンがあるので、手軽に軽食や栄養ドリンクを手に入れることができます。しかし、試験会場に一旦入ると、外出するのが不可能になるので、先に購入してから試験会場に入るようにしましょう。

・パソコン情報@試験会場

試験会場にあるパソコンは、デスクトップ型の普通のパソコンです。キーボードの配列が少しだけ変わっているだけで、後は問題なく使用できると思います。そのため、特にパソコンに関して対策等は必要ないと思います。ただ、BEC受験の際に、US基準のキーボード配列だと、少し戸惑うかもしれません。不安な人は、どのような配列になっているか調べてみても良いと思います。

・注意点

確証は持てませんが、受付順に試験会場に呼び出されることになります。最初に受付した人から試験がスタートしていくと僕は思いました。ただ、パソコンで試験時間を図っているので、早く入った方が得といったことはありません。逆に、最初に試験を開始した後に、次々と人が入ってきて気が散る可能性もあります。試験中は少しの音も耳に入れずに集中したいという人は、早すぎる受付はやめておいた方がよいかもしれません。

以上が大阪試験会場の情報になります。今後はUSCPAを受験する人の主流は日本受験になると思いますので、何らかの参考になれば幸いです。

ではでは。

USCPA試験会場情報まとめに戻る

posted by 鈴木明 at 23:41 | [USCPA試験会場等情報] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。