2015年04月17日

企業分析:明治ホールディングス

今回は、就職人気ランキングでも上位に入ることが多い、明治HDの企業分析を行いたいと思います。

<明治HD>

平成20年に明治製菓株式会社と明治乳業株式会社が経営統合することによって生まれた会社。お菓子や乳製品を扱う「食品事業」と、医薬品を扱う「医薬品事業」の2つの事業を展開しています。ちなみに食品事業は株式会社明治、そして医薬品事業はMeiji Seikaファルマ株式会社が行っており、それを束ねるのが明治HDとなっています。

<社員数・年収>

2014年3月期の有価証券報告書によると、従業員巣が連結で15,033名であり、単体で34名となっています。平均年齢は43.6歳であり、平均年収は971万円となります。非常に高給取りに見えますが、これは単体の34名の平均だと思います。HD(ホールディングス)というのは会社を束ねる会社のようなもので、ここに平均給料が高い人材が集中しているということだと思います。わかりにくいのでHDのシステムはやめてほしいものです。

<会社の評判など>

企業の情報を知ることができる転職サイト(転職会議)によると、2015年3月の時点での明治HDの評価は以下のようになっています。(明治HDのものがなかったので、株式会社明治とMeiji Seikaファルマ株式会社の評判を直接確認しました。

  • 株式会社明治:5点中4.0点:回答人数73人
  • Meiji Seikaファルマ株式会社:5点中4.8点:回答人数166人
  • 両者とも高いですが、特に医薬品事業であるMeiji Seikaファルマ株式会社の評価が、回答人数が多いのにも関わらず非常に高いですね。もう一つのサイトであるVORKERSの社員による会社評価は、以下のようになっています。

  • 株式会社明治:5点中3.5点:回答人数20人
  • Meiji Seikaファルマ株式会社:5点中3.5点:回答人数13人
  • こちらは転職会議と比べて点数は落ちますが、VORKERSは比較的厳しめに点数が付くので、個人的にはやはり評価は高いのだな、という印象を受けました。つまり、従業員の会社への気持ちはなかなか良好だと推定できます。

    <経営トップ>

    次に、経営トップについてみていきたいと思います。明治HDのIRサイトを見てみると、最近経営トップに交代があり、現在は代表取締役会長に浅野茂太郎さんが、代表取締役社長には松尾正彦さんが就任しているようです。

    ・代表取締役会長:浅野茂太郎さん
    1943年9月17日生まれ(72歳)。学習院大学法学部を卒業後、明治HDに統合される前の明治乳業に入社。販売企画部長、取締役、専務、副社長を経て、2003年に社長。2009年に明治HDが設立されて副社長。HD傘下の株式会社明治の社長などを経て、2012年に明治HD社長。2014年に会長。

    ・代表取締役社長:松尾正彦さん
    1946年8月7日生まれ(69歳)。慶應義塾大学経済学部を卒業、明治HDに統合される前の明治製菓に入社。執行役員薬品国際事業本部長、取締役薬品生産本部長・薬品国際事業本部長、専務、Meiji Seikaファルマ株式会社の社長を経て、2014年に社長。

    どうやら社長の松尾さんは海外経験が豊富なようです。明治HDとしては今後、縮小する日本市場に加えて、海外の市場を狙っていくということなのだと思います。そういえばタイに旅行で行った時に、コンビニには普通に明治の製品が置いてあったことを思い出しました。会長がどれほど会社の経営に口を出しているのかはわかりませんが、今後の明治の方向性に海外が組み込まれているのは間違いなさそうです。では、次に財務諸表の分析に入っていきたいと思います。

    <使用するデータ>

    今回の財務分析を行うに当たって、使用するデータは2010年3月31日〜2014年3月31日の有価証券報告書になります。

    ※分析を開始するにあたって、資本主義の原則に従って、会社は株主のモノというスタンスで分析します。

    <明治HD分析:ざっくり>

    まずは、明治HDの活動をざっくりと分析してみます。様々な本にも記載されていますが、企業の経営活動とは突き詰めると3つに集約することができます。それは

  • お金を集める
  • 集めたお金を運用し売上を生み出す
  • 売上から利益を残す
  • この3つの活動をどのレベルで明治HDが行っているのか、時系列でみていきたいと思います。まずは最初の「お金を集める」の段階です。明治HDどのようにお金を集めているのかを「自己資本比率」という指標を使ってみていきたいと思います。

    <明治HD:自己資本比率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    40.8% 41.0% 39.8% 40.8% 42.1%

    となります。自己資本比率とは、簡単に言うと「今持っている持ち物のうち、株主の取り分を示す割合」となっています。例えば資産100億の会社の自己資本比率が1%の場合、株主の持ち分は1億円で、残り99億円は借金で手に入れたモノということになります。

    具体的にいうと、例えば僕が車や家、豪華なインテリアなど、総額100億円分の資産を持っているとします。すごく裕福に見えますが、そのうちの99億円を銀行から借金してそれらの車や家を購入しているとしたらどうでしょうか。「こいつ、返済計画とか大丈夫か?」となると思います。さらに深く突っ込むと、これらの家や車、インテリアなどは返済が終わるまで「銀行のモノ」になるのです。そのため、自己資本比率が高い会社は安全性が高く、逆に低い会社は安全性が低いと言われます。

    明治HDの自己資本比率は大体40%前後で推移していますね。2014年の資産の金額は785,513百万円、つまり約7,855億円なので、このうち3,142億円分が株主のモノで、4,713億円分が借金で賄われているということです。ちなみに、自己資本比率の理想は50%と言われているので、明治HDは少しだけ借金に依存しているということができます。

    次に、企業活動の次の段階、「集めたお金を運用して売上を生み出す」についてみていきたいと思います。これには「総資産回転率」という指標を使用します。

    <明治HD:総資本回転率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    1.52 1.56 1.48 1.43 1.47

    となります。大体1.5回転あたりで推移していますね。これは「持っている全ての持ち物をどれくらいうまく使用して売上を上げているか」を測る指標になります。例えば1.5だとすると、資産が100万円だとすると1年で150万円の売り上げを上げたことになります。つまり、持っているものをグルグルとうまく使ってより多くの売上を上げると、この数字はより高くなるということです。逆に、ほとんど売上を生まないような非効率な資産ばかりだと、この回転率は非常に悪くなります。

    こちらの指標は、1.0くらいあればまぁ良いのではとされているので、明治HDは1.5をあるので有効に資産を活用しているということができると思います。菓子業界のような数を売って稼ぐような業界ではこの指標は高くなる傾向にあると思いますが、効率性は高いと考えてもよさそうです。

    次に、企業活動の次の段階「売上から利益を残す」についてみていきたいと思います。これは、「売上高当期純利益率」という指標を使ってみていきます。

    <明治HD:売上高当期純利益率>

    2010 2011 2012 2013 2014
    1.22% 0.86% 0.64% 1.50% 1.65%

    となります。「え?低すぎ・・・」という感想になってしまいました。これは低い。びっくりしました。大体1%前後で推移していますが、低い。何度も言いますが業界トップレベルの企業としては低いです。この指標は「売上高からどれだけ利益として株主に残すことができたか」というものになります。例えば1%で考えると、100円のヨーグルトを売ったとして、最終的に株主のもとに残るのは1円ということになります。

    これは推測ですが、きっと会社に多くの無駄が残っているのだと思います。利益を生まない会議や社内調整などが多く、全然働かない従業員にもまんべんなく給料を支払っているという可能性もあります。良くも悪くも、古き良き日本企業から脱しきれないのかもしれません。全部推測なので、損益計算書の推移や他社との比較が必要ですが。

    最後に、株主から見て明治HDはしっかりとリターンを期待できるのかということを見ていきたいと思います。これには「ROE」という指標を使います。

    <明治HD:ROE>

    2010 2011 2012 2013 2014
    4.5% 3.3% 2.4% 5.3% 5.8%

    この指標も少しずつ改善はしていますが、常に高い数字を生み出しているとは言えないですね。これは、株主が投資した分に対して、どの程度のリターンを生むことができたかということを表していています。例えば2014年で見ると、株主が仮に100万円を投資したら、2014年度は5.8万円のリターンを生むことができました、ということです。

    <明治HDまとめ>

    まとめると、明治HDの企業活動は、ほんの少し借り入れに依存しながら資産を集め、それらの資産を効率よく売り上げに変えているが、そこから利益を残すのがそこまで得意ではない企業だと推測できます。そのため、まだまだ株主資本に対するリターンの割合も高くない水準で推移しています。

    業界トップの明治でさえこの水準と考えると、それ以下の食品業ではもっと悲惨なことになっているのでしょうか。ちょっと食品業界の企業についていろいろ調べてみたくなりました。

    以上で、明治HDの企業分析を終わりたいと思います。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 19:44 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年04月15日

    財務諸表解説まとめ

    今まで財務諸表の解説を行ってきました。正確にはほとんど貸借対照表の解説なのですが、今回はその解説ページのまとめページを作成しました。

    財務分析の初心者がまずやるべきことは、財務諸表にはどのようなことが書かれているのかの意味をざっくりと理解することだと思います。そして、会計の専門用語を使うと一気にそれが困難になると考えています。

    財務諸表とは一見難しいことが書いてあるように思えますが、下記に解説してあるようなものだと理解すれば、企業がどのような状態なのかを判断するにはそこまで難しいものではないと思います。では、以下に各解説ページがありますので興味のある方はご確認ください。

    貸借対照表
    まずは貸借対照表とは何かについて初歩的なことを書いています。ただ、この時点で会計の用語が連発しますので、わからなければさくっと見る程度で大丈夫です。

    貸借対照表の内訳
    貸借対照表の内訳についてどのようなものかを書いてあります。資産、負債、純資産とはどのようなものかについて知りたい方は、こちらをご覧ください。

    貸借対照表:資産の部・流動資産
    貸借対照表の資産の部のうち、流動資産についてどのようなものがあるかを記載しています。会計の専門用語をできる限りわかりやすくしてみました。

    貸借対照表:資産の部・固定資産
    貸借対照表の資産の部のうち、固定資産についてどのようなものがあるかを記載しています。こちらも、会計の専門用語を実際の具体例にあげています。

    貸借対照表:負債の部・流動負債
    ここからは貸借対照表の負債の部になります。その中でも、流動負債について具体的に説明してみました。すぐ返す借金、というものです。

    貸借対照表:負債の部・固定負債
    貸借対照表の負債の部のうち、固定負債について記載しています。長期間返さなくても良い借金のことになります。

    貸借対照表:純資産の部・株主資本
    貸借対照表の純資産の部の説明になります。ここはわかりにくい人が多いと思いますが、資本主義の正解では株式会社は「株主のモノ」という視点を持てば何となくつかめると思います。

    貸借対照表:純資産の部・その他の包括利益
    貸借対照表の純資産の部のうち、その他の包括利益の説明になります。ハッキリ言って財務分析の初級者を目指すのであればここはスルーでも良いかもしれません。

    貸借対照表:簡単に表示
    以上の貸借対照表の説明を踏まえて、実際にどのようなことが書いてあるのかを比較して表にしてみたのがこちらになります。

    損益計算書:損益計算書について
    損益計算書の説明になります。1年間の企業の成績表という位置づけで、良く見ると名前にちゃんとした意味づけがされているのがわかります。

    キャッシュフロー計算書:キャッシュフロー計算書について
    最後にキャッシュフロー計算書についてです。こちらは営業・投資・財務のキャッシュフローがそれぞれどの組み合わせになっているのかを判断するのが一番初心者には良いと思います。

    以上になります。少しでも財務分析に役立てていただければ幸いです。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 17:40 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年04月14日

    財務諸表解説〜キャッシュフロー計算書編〜

    財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と損益計算書について何回かに分けてみてきました。

    貸借対照表
    貸借対照表の内訳
    貸借対照表:資産の部・流動資産
    貸借対照表:資産の部・固定資産
    貸借対照表:負債の部・流動負債
    貸借対照表:負債の部・固定負債
    貸借対照表:純資産の部・株主資本
    貸借対照表:純資産の部・その他の包括利益
    貸借対照表:簡単に表示
    損益計算書:損益計算書について

    ちょっとした復習になりますが、貸借対照表とは、BSとも呼ばれ、企業の財政状態を示すものとして利用されます。中には何が記載してあるかというと、企業がその時点で何を持っているのか、そしてその持ち物はどのように手に入れたのかということでした。詳しくは、それぞれのリンクを見ていただければと思います。そして損益計算書とは、企業の一定の期間(1年間)の成績表ということをみてきました。今回は、最後の重要な財務諸表である、キャッシュフロー計算書についてみていきたいと思います。

    <キャッシュフロー計算書とは>

    まずは、キャッシュフロー計算書とはどのようなものかについて説明していきます。キャッシュフローとは、そのまま翻訳するとお金の流れになります。それの計算書ということで、企業の1年間のお金の流れについて記載した財務諸表ということになります。つまり、会社の現金の増減を1年間で示したものになります。

    ここでの1年間は、前回の損益計算書と同じ期間になります。大半が4月1日から3月31日までの1年間で計算しているということでした。では、キャッシュフロー計算書の内訳についてみていきたいと思います。

    <キャッシュフロー計算書の内訳>

    キャッシュフロー計算書には、以下の区分が用意されています。それが「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、そして「財務活動によるキャッシュフロー」の3つです。それぞれ、どのような活動を行ったことにより現金が増減したのかを説明するものになっています。ここで重要なことは、財務分析をする際には「キャッシュフロー計算書がどのように作られているか」はそこまで重要ではなく、むしろ「キャッシュフロー計算書の中身は何を意味しているのか」を知ることが大事だということです。では、それぞれについて説明していきます。

    <営業活動によるキャッシュフロー>

    こちらはその名の通り、企業が営業活動(つまり企業が行っている日常的なビジネス活動)を通してどのようにお金が増減したのかを表しています。作成方法としては間接法や直説法などがあるのですが、ここで重要なのは「営業活動を通して現金がプラスになったかどうか」ということです。もし営業活動によるキャッシュフローがマイナスだとすれば、会社を続ければ現金がどんどん流出していくことを意味しているからです。例外はありますが、基本的に営業活動によるキャッシュフローがマイナスの会社は危険です。

    <投資活動によるキャッシュフロー>

    こちらも名前の通り、企業が投資活動を通してどのように現金が動いたのかを示す項目となっています。こちらの項目がマイナスだと、良くないと直感的には良くないような気もしますが、実態はそうではありません。例えば、設備投資を行ったときや、他の企業へ出資したりして投資した際に現金が出ていった際にマイナスとなるのです。企業が将来にわたって繁栄するためには投資が不可欠ですから、こちらのマイナスが続くときは、将来へ向けて投資をし続けていると考えることができます。逆に、プラスの場合は、保有していた工場や設備を売却して現金を生み出していることになります。

    <財務活動によるキャッシュフロー>

    こちらは、企業がお金を調達するなどの財務に関連する活動を行った時に増減するお金を示す項目となっています。例えば銀行などからお金を借りた場合、または株式を発行してお金を調達した場合にはお金を手に入れているのでプラスに働き、配当金を支払って現金が減少する場合などはマイナスに働きます。こちらのプラスが続く場合は、銀行や投資家からお金を集めまくっている状態ということができます(金額によりますが)。

    <各活動の組み合わせを分析>

    ここまで3つの活動によるキャッシュフローについて説明してきましたが、では各活動においてプラスだったりマイナスだったりするキャッシュフローがどのような意味を持つのか、典型的なものについて具体的に書いてみたいと思います。もちろん正解というものはなく、あくまで一例ということになります。

    ・ケース1
    営業活動CF:+
    投資活動CF:+
    財務活動CF:+

    このケース1の企業は、営業活動には問題がなく、工場を建てたりする投資活動は一旦休止し、むしろ設備の売却などを通してスリム化を図っています。さらに銀行などからお金を借りて、将来のために使える現金をひたすらかき集めている状態と考えることができます。この後に大きな設備投資などを行う可能性が考えられます。

    ・ケース2
    営業活動CF:+
    投資活動CF:−
    財務活動CF:+

    このケース2の企業は、営業活動に問題がなく、銀行などから借り入れを行い、そのお金を使って設備投資していることが考えられます。業績が好調な企業が銀行借り入れや増資を行いお金を集め、一気に設備投資をして勝負に出ると、そのCF計算書はこのような形になることが多いです。

    ・ケース3
    営業活動CF:+
    投資活動CF:+
    財務活動CF:−

    このケース3の企業は、営業活動に問題はないのですが、保有していた設備などを売却してお金を作り、銀行から借りていたお金を返却しています。財務体質の強化を図っているのかもしれません。

    ・ケース4
    営業活動CF:+
    投資活動CF:−
    財務活動CF:−

    このケース4の企業は、営業活動が順調で、さらに将来に向けて投資行い、それに加えて配当を行っているもしくは借金の返済を行っています。このスパイラルに入ると企業は強いと感じます。個人的に一番好きな組み合わせのCF計算書になります。

    ・ケース5
    営業活動CF:−
    投資活動CF:+
    財務活動CF:+

    このケース5の企業は危険です。営業活動を行っても現金が流出しており、その流出を埋めるために設備を売却し、さらに銀行からお金を借りているという状態が考えられます。売れる商品に焦点を絞ったり人員削減などを行ったりして営業活動でお金を稼げるような体質になる必要があります。これが続くと借り入れの返済に行き詰まり倒産となります。

    ・ケース6
    営業活動CF:−
    投資活動CF:+
    財務活動CF:−

    このケース6の企業は、営業活動で現金が流出していますが、設備などを売却して現金を生み出しています。しかし、借り入れの返却を行っています。一気に財務体質の改善を行っているのかも知れません。

    ・ケース7
    営業活動CF:−
    投資活動CF:−
    財務活動CF:+

    このケース7の企業は、営業活動によって現金が流出する事態になっていますが、借り入れを行って将来に向けた投資を行っています。この設備投資がうまくいかなかった場合、営業によるマイナスと金融機関からの返済の催促で一気にピンチになることが考えられます。

    ・ケース8
    営業活動CF:−
    投資活動CF:−
    財務活動CF:−

    このケース8の企業は、営業活動で現金が流出していますが、将来にむけた投資活動を行い、さらに返済や配当などを行っています。急速に現金が会社から出ていっていますので、営業活動を立て直しが必要であり、投資の効果に期待する状態だと考えられます。

    キャッシュフロー計算書の説明は以上になります。もちろん毎年CFの組み合わせは毎年変化するので、毎年の傾向を時系列でチェックするのが一番効果的です。ただ、営業活動によるキャッシュフローがマイナスの企業は危険です。ビジネスを行うと現金が出て行っている状態は、人間に例えると毎月預金残高が減っている状態にある人と同じになります。何か手を打たないといずれ破産してしまうのです。

    以上で、キャッシュフロー計算書の説明を終わりたいと思います。これにて、財務分析に関する財務諸表の解説は終わりになるのですが、まさかほとんどが貸借対照表の話になるとは思ってもみませんでした。これからは、これらの情報を使って実際に企業の分析を行っていきたいと思います。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 20:24 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。