2015年03月25日

財務諸表解説〜貸借対照表編7〜

財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と、その内訳である資産とその中の流動資産と固定資産、そしてもうひとつの内訳である負債とその中の流動負債と固定負債についてみてきました。

貸借対照表
貸借対照表の内訳
貸借対照表:資産の部・流動資産
貸借対照表:資産の部・固定資産
貸借対照表:負債の部・流動負債
貸借対照表:負債の部・固定負債

今回は、貸借対照表の最後の内訳である純資産の部についてみていきたいと思います。

*再度書きますが、これらは財務分析を行うために思いっきり簡素化しているので、仮に試験などで回答する際はちゃんとした定義で答えてください。特に今回の純資産に関しては、少し無理やり簡単に説明しているので、ざっくりと理解できれば十分ととらえてください。

さて、今回からは純資産ということで、以前に記載した記事の中からもう一度、貸借対照表における負債とはどのようなものなのかについて確認していきます。

<純資産とは>

再度の確認になりますが、貸借対照表における負債とは、簡単に言うと以下のようなものになります。

  • 「どのように資産を手に入れたのかリスト」
  • 「返済の必要がない部分」
  • 「投資家の持ち分」
  • を純資産と言います。誤解を恐れずに簡単にいうと、投資家の持ち分のことになります。とは言っても理解しにくいと思うので、以下で説明していきたいと思います。今回も実際に見ていくのは江崎グリコの平成25年3月31日の有価証券報告書の貸借対照表になります。

    <貸借対照表:純資産の部>

    前回確認した負債の下を見ていくと、純資産の部という内訳があると思います。その中でも、普通に生活していると見たことも聞いたこともないような単語がズラズラと並んでいます。いやになりますね。その純資産の部でも大きく分けて3つの項目に分けることができます。それが以下になります。

  • 株主資本
  • その他の包括利益累計額
  • 少数株主持分
  • 今回は中でも、「株主資本」についてみていきたいと思います。江崎グリコの貸借対照表の「株主資本」の中でも、特に重要なものは以下のような勘定科目になります。

  • 資本金
  • 利益剰余金
  • では、それぞれについて説明していこうと思います。

    <資本金>

    資本金とは、会社を立ち上げたときなどに、資本金としてお金などを調達した分の金額のことを言います。昔は会社を立ち上げるのに1000万円の資本金が必要だったのですが、今では1円でも会社を立ち上げられるようになりました。ここは、例を書いたほうがイメージしやすいと思うので、また仮のお話を書いてみたいと思います。

    Aさんは海外旅行が趣味です。旅行中、すばらしい商品を見つけました。「水上を歩ける靴、その名もウォーターウォーク(仮)」です。Aさんは「これは確実に日本で売れる」と感じ、その場でウォーターウォークを売っていた人と日本での独占販売契約を結びました。Aさんは興奮冷めやらぬまま日本に帰国し、株式会社ウォーターウォークを立ち上げることにしました。そのときAさんの貯金は1000万円ありました。そこで、Aさんはその会社の資本金として500万円をその会社に投資することにしました。そして、同時期に銀行に行き、ウォーターウォークの将来性を必死に熱弁して、銀行から10年後に返済するという条件で500万円の融資を受けることに成功しました。

    この時点で、この株式会社ウォーターウォークの財務諸表には

    資産の部
    流動資産
    現金:1000万円

    負債の部
    固定負債
    長期借入金:500万円
    純資産の部
    資本金:500万円

    となっています。このように、会社を立ち上げたときに会社に投資家(この場合はAさん)が投資した金額500万円が資本金になります。復習になりますが、銀行から長期で借り入れた場合は長期の借金なので、負債の部の固定負債の長期借入金500万円になります。

    この時点での貸借対照表をよく見ると、今まで説明してきた

  • 資産:持ち物リスト
  • 負債:借金
  • 純資産:返済不要の源泉
  • ということがわかると思います。現金1000万円は株式会社ウォーターウォークの資産、つまり持ち物で、どのようにそれを手に入れたのかというと、銀行からの借金500万円と、投資家(この場合はAさん)からの出資500万円になります。

    注意点というか、会計を知らない人はここでごちゃ混ぜになってしまうのですが、この時点で、資産である現金と、負債と純資産であると長期借入金と資本金はすっぱりと切り離されます。例えばAさんが現金でウォーターウォークを購入しても(現金が減る)、長期借入金と資本金には一切影響がありません。

    長くなってしまいましたが、資本金とは「ビジネスを立ち上げるときに最初に投資家がぶち込むお金の金額」ということになります。「金」と書いてあるので実態があるように見えますが、「最初に投資家がぶち込んだ金額はこれだけでした」という意味でしかありません。なので、この「資本金」の数字はめったに動きません。

    <利益剰余金>

    これは、今まで会社が積み上げてきた利益の累積額になります。最初にAさんが投資した分とは関係がなく、むしろそのあとにビジネスとして営業活動を行い、その結果利益が出た分がこちらに積みあがっていきます。ここが巨額な会社は、今までたくさんの利益を稼いできた会社ということになります。今まで純資産のことを、返済する必要のない厳選という言い方をしてきましたが、厳密にいうとこの利益剰余金が積みあがってくると、そのうち投資家に配当という形で還元する必要がでてきます。しかし、それも絶対に行わなくてはならないというわけではないので、このブログでは「返済不要の源泉」という言い方をしています。

    以上が純資産の部の株主資本の箇所の説明になります。これを簡単なようにしてみると、以下のようになります。

    <純資産の部:株主資本簡単編>

  • 資本金:会社立ち上げ時に投資家がぶち込んだ数字
  • 利益剰余金:利益が積みあがった数字
  • 株式会社は投資家のものなので、この純資産の部分を自己資本と呼ぶことがあります。極端に言うと、必ず返済する必要がないので、この部分だけで資金調達していると、倒産の危険性は非常に低くなります。なので、この純資産の割合が大きい会社は安定性が高いと言われます。これで、純資産の部の株主資本の箇所の説明を終わりたいと思います。次は、純資産の部のその他の包括利益累計額の箇所についてみていきたいと思います。次回で財務諸表の解説の、貸借対照表編が終了する予定です。貸借対照表が終われば、次は損益計算書の説明を書いていきたいと思います。

    次の記事:貸借対照表:その他の包括利益

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 22:56 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年03月17日

    財務諸表解説〜貸借対照表編6〜

    財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と、その内訳である資産とその中の流動資産と固定資産、そしてもうひとつの内訳である負債とその中の流動負債についてみてきました。

    貸借対照表
    貸借対照表の内訳
    貸借対照表:資産の部・流動資産
    貸借対照表:資産の部・固定資産
    貸借対照表:負債の部・流動負債

    今回も、貸借対照表の負債の部についてみていきたいと思います。

    *再度書きますが、これらは財務分析を行うために思いっきり簡素化しているので、仮に試験などで回答する際はちゃんとした定義で答えてください。

    さて、今回は負債ということで、以前に記載した記事の中からもう一度、貸借対照表における負債とはどのようなものなのかについて確認していきます。

    <負債とは>

    再度の確認になりますが、貸借対照表における負債とは、簡単に言うと以下のようなものになります。

  • 「どのように資産を手に入れたのかリスト」の
  • 「他人からの借り入れの部分」
  • を負債と言います。まぁ平たく言えば借金のことです。もう少し具体的に言うと、「企業がいずれ返済する必要があるもの」が負債ということになります。

    現段階では、「どのように資産を手に入れたのかリスト」、という箇所の意味がわかりにくいと思いますが、そんな場合はとりあえず「借金」と覚えていただければ大丈夫です。では、今回は負債の部の中でも、固定負債についてみていきたいと思います。今回も実際に見ていくのは江崎グリコの平成25年3月31日の有価証券報告書の貸借対照表になります。

    <貸借対照表:負債の部>

    前回確認した流動負債の下を見ていくと、固定負債という内訳があると思います。前回説明した流動負債は「1年以内に返済が必要な借金」でしたが、今回説明する固定負債とは「1年以上返済を待ってもらえる借金」ということになります。重要なのは、返済期間が長くても借金は借金だということです。つまり、いずれは絶対に返済する必要があります。

    では、さっそく江崎グリコの固定負債についてみていきたいのですが、なんとあまり勘定科目がないです。その他を入れて4つしか固定負債がありません。そのため、一般的な固定負債にあげられるものをピックアップして説明していこうと思います。

  • 長期借入金
  • 社債
  • 退職給付引当金
  • 固定負債は数が少ないので、これくらいを知っておけば問題ないと思います。では、それぞれ説明していこうと思います。

    <長期借入金>

    名前の通りですが、「長い期間、返済を待ってもらえる借金」です。例えば、銀行から5億円を10年後の期間で借りればここに該当します。個人の生活でイメージしやすいものとすれば、住宅ローンがあげられます。5000万円の家を35年ローンで買いました。という人は、会計的に見れば以下の行為を取っていることになります。

    「5000万円を35年の長期借入金で資金調達し、資産である不動産を購入した」

    この資産と思われる自宅が一切の利益を生まない点が問題なのですが、ここでは財務諸表と関係ないので深堀はしません。とにかく、長期借入金とは返済期日が1年を超える借金と思っていただければ大丈夫です。ちなみに、この長期借入金の返済期日が残り1年未満になったときに、前回説明した流動負債である、「1年以内返済予定の長期借入金」に移動します。固定負債から流動負債に移動するということです。返済日が近いので、十分な現金を用意していないと大変なことになりますね。

    <社債>

    江崎グリコの固定負債にはありませんが、「社債」というものも代表的な固定負債になります。社債とは、会社が直接市場から資金を調達する際に発行するものになります。意味不明ですね。先ほどの長期借入金と比較するとわかりやすいので、もう少し具体的に説明します。

    先ほどの長期借入金は、一般的には銀行からの借金になります。そして、利子をつけて銀行にお金を返します。つまり、銀行を通してお金を調達しているものになります。それに対して社債とは、会社が銀行を通さずに直接お金を借りることになります。イメージしやすいように、以下に例を書いてみます。

    A株式会社は、工場を建設しようとしたところ、100万円が必要と判明しました。そこで、以下のようなものを発行して、資金調達することになりました。

    「100万貸してくれたら10年後に110万円で返す券」

    上記のような債券を、証券会社を通して直接投資家に販売します。これを投資家サイドから見れば10年後に(A株式会社がつぶれていなければ)110万円を手に入れる券を今100万円で購入することになります。A株式会社サイドから見れば、10年後に110万円を返済する義務を負って、今100万円を手に入れることができます。A株式会社はその100万円を使って、10年で110万円以上にできればその分は儲けとなります。

    少し長くなりましたが、この「100万円貸してくれたら10年後に110万円で返す券」を社債と思ってもらえれば大丈夫です。つまり、銀行ではなく投資家からお金を借りるということです。上記の説明が意味不明であれば、簡単に「投資家からの借金」と思っていただければ大丈夫です。

    <退職給付引当金>

    流動負債のところでも出てきましたが、これも「引当金」の一種になります。繰り返しになりますが、引当金とは、「将来的に発生しそうな費用を今のうちに見積もっておくもの」になります。退職給付引当金に関しては以下のようになります。

    A株式会社には、愛車精神にあふれた従業員が働いています。A株式会社の経営陣は、そんな従業員のために退職金制度を自社で用意しています。ここではわかりやすくするために、30年働いた従業員が退職する際には3000万円を退職金として支払う退職金制度を用意しているとします。全ての従業員はA株式会社で30年しか働くことができないと仮定します。すると、勤続30年を迎えた社員は3000万円をもらって退職することになります。つまり、ひとりの新入社員が入社すると、毎年100万円分の引当金を用意する必要があるということです。30年間100万円を引き当てていくと、30年後には3000万円分の引当金が積み上がり、実際に退職金を支払う時には引当金がなくなるということです。

    ここで重要なのは、実際に現金を積み上げていっているわけではないということですが、それを説明すると会計の話になって意味不明になってくるので、とりあえず退職給付引当金は

    「将来、従業員が退職するときに支払う退職金の金額」

    と覚えてもらえば大丈夫です。言い方を悪くすると、従業員に対する借金です。僕もサラリーマンなので、退職金分は会社が積み立てるのではなくて。給料として今すぐに支払ってほしいのです。来年はどうなっているかわからないし、今すぐその分のお金をもらって自分で運用した方が良い結果が得られると思いますから。しかし、こういう制度があるので仕方ないですね。

    以上が、「企業のどのように資産を手に入れたのかリスト」であり、「借金」である負債の固定負債の説明になります。簡単なものに置き換えると、以下のようになります。

    <負債の部:固定負債簡単編>

  • 長期借入金:銀行からの1年以上返さなくて良い借金
  • 社債:投資家からの1年以上返さなくて良い借金
  • 退職給付引当金:従業員へ将来払う退職金の総額
  • 固定負債というとわけがわかりませんが、長い期間返す必要がない借金のことになります。ただ、いずれ絶対に支払う必要がある義務のことなので、ここが巨額だと企業としては安定性に欠けると言わざるを得ません。これにて、負債の部の固定負債の説明を終わりたいと思います。次は、純資産の部についてみていきたいと思います。

    次の記事:貸借対照表:純資産の部

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 21:38 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年03月15日

    財務諸表解説〜貸借対照表編5〜

    財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と、その内訳である資産のうち、流動資産と固定資産についてみてきました。

    貸借対照表
    貸借対照表の内訳
    貸借対照表:資産の部・流動資産
    貸借対照表:資産の部・固定資産

    今までは資産の部についてでしたが、今回からは、貸借対照表の負債の部についてみていきたいと思います。

    *再度書きますが、これらは財務分析を行うために思いっきり簡素化しているので、仮に試験などで回答する際はちゃんとした定義で答えてください。

    さて、今回は負債ということで、以前に記載した記事の中からもう一度、貸借対照表における負債とはどのようなものなのかについて確認していきます。

    <負債とは>

    貸借対照表における負債とは、簡単に言うと以下のようなものになります。

  • 「どのように資産を手に入れたのかリスト」の
  • 「他人からの借り入れの部分」
  • を負債と言います。つまり、平たく言えば借金のことです。もう少し具体的に言うと、「企業がいずれ返済する必要があるもの」が負債ということになります。

    現段階では、どのように資産を手に入れたのかリスト、ということがわかりにくいと思いますが、そんな場合はとりあえず借金と覚えておけば大丈夫です。では、さっそく負債の部の内容についてみていきたいと思います。今回も実際に見ていくのは江崎グリコの平成25年3月31日の有価証券報告書の貸借対照表になります。

    <貸借対照表:負債の部>

    貸借対照表の負債の部を見ていくと、一番上に「流動負債」とあります。これは以前にも説明しましたが、「1年以内に返済しなければならない借金」ということです。つまり、この中に記載があるものは、ほぼ全て1年以内に支払が必要なものリストということになります。ではひとつずつ見ていくことにしますが、ここでも金額が大きい重要なものを中心に取り上げようと思います。

  • 支払手形及び買掛金
  • 短期借入金
  • 1年以内返済予定の長期借入金
  • 未払費用
  • 未払法人税等
  • 販売促進引当金
  • 流動負債で重要となるのは上記のようなものになります。では、それぞれ説明していこうと思います。

    <支払手形及び買掛金>

    こちらは資産の部にあった「受取手形及び売掛金」の逆バージョンなのですが、同じく2つの勘定科目がまとめられていますので、「支払手形」と「買掛金」に分けて説明していきます。順序が逆になってしまいますが、わかりやすい「買掛金」から説明していきます。

    ・買掛金
    簡単に言うと、「あとでお金を払う義務」です。仮に僕がエンピツを売る商売を営んでいて、あなたからエンピツを100万円分、仕入れるとします。そのとき、あなたから請求書をもらいます。その請求書には「代金100万円は翌月末までにお支払いください」と記載されています。つまり、僕は「翌月末までにあなたに100万円を支払う義務」があります。これが買掛金100万円の状態です。「あとでお金を支払う義務」と覚えると楽です。

    ・支払手形
    これは買掛金のしっかりしたバージョンになります。「あとでお金を支払う義務」であることには変わりはないので、買掛金とはそこまで違いがありません(そのため、まとめて貸借対照表に記載されています)。手形が存在することが特徴で、先ほどの例でいうと、エンピツを僕が仕入れた際に、あなたが「手形頂戴」と言って僕が「翌月末までに100万円払います」という手形を発行し、あなたに渡します。するとその義務は支払手形となるのです。まぁこちらも、「あとでお金を支払う義務」と覚えれば大丈夫です。

    <短期借入金>

    名前の通りですが、「短い期間で返済が必要な借金」です。例えば、銀行から100万円を6か月の期間で借りればここに該当します。

    <1年以内返済予定の長期借入金>

    こちらはも名前の通りになるのですが、長い期間借りていた借金の期日が1年以内となった場合に、こちらに該当します。例えば、銀行から1000万円を10年後に返済する契約で借りていたとして、あと1年以内に返済期間が来た場合は、こちらに記載する必要があります。名前は違いますが、「1年以内に返済が必要な借金」という点では短期借入金と同じです。

    <未払費用>

    未払費用とは、この貸借対照表を作成した日の時点で、あとで支払うことが決まっている部分をこの時点で費用として計上しておくための勘定科目になります。契約などによって後で支払うことが決まっている義務ということになります。こういう書き方をするとわかりにくいので、例で説明します。

    僕はエンピツビジネスのために、Aさんを雇用しています。Aさんは非常に優れたビジネスマンのため、月給が200万円もあります。ただ、給料日は毎月15日だとします。すると、貸借対照表を作成する日は月末なので、15日に支払ってから月末(作成日)まで、つまり16日から30日まで月の半分は働いてもらっているのに給料を支払っていません。この時点で、給料の半分(100万円分)はすでに働いてもらっているのにも関わらず、支払はまだ先の話(15日)となっています。そこで、月末時点で15日分の給与100万円分未払費用として計上することになります。

    もちろん、上記の給与の例以外にも様々なものが未払費用に当てはまります。それにしても、江崎グリコの場合、未払費用が200億円以上もあるんですが、一体何なんでしょう。不思議です。

    <未払法人税等>

    こちらも読めばそのままなのですが、未払いの法人税等(法人税、住民税、事業税のこと)になります。こういった税金は確定申告のときに支払うので、貸借対照表を作成する時点ではまた支払う必要がありません。なので、あとで税金を支払う義務ということで「未払法人税等」という形で貸借対照表に乗せておきます。つまり、「あとで払う税金」です。

    <販売促進引当金>

    この科目そのものではなく、「引当金」という箇所に絞って説明したいと思います。引当金とは、「将来的に発生しそうな費用を今のうちに見積もっておくもの」になります。これも想像しやすいように、例を使って説明します。

    株式会社エンピツはエンピツビジネスの販売促進として、「エンピツポイント」というポイントを会員に付与しています。1本のエンピツにつき1エンピツポイントがつき、そのポイントでまたエンピツを買う際に支払いが可能というものです。こうすることで、株式会社エンピツは自社のエンピツに顧客ロイヤルティを獲得することに成功しています。今年の決算のタイミング、つまり貸借対照表を作成するタイミングで、残ったポイントは100万ポイントだと判明しました。この時点で、株式会社エンピツは「販売促進引当金」として100万円を計上することにしました。

    こういった際に使われるのが、引当金という勘定科目になります。こちらも、形式は直接支払う形ではないにしろ、「あとで支払う(値引きする)義務」というものになっています。

    以上が、「企業のどのように資産を手に入れたのかリスト」であり、「借金」である負債の流動負債の説明になります。簡単なものに置き換えると、以下のようになります。

    <負債の部:流動負債簡単編>

  • 支払手形及び買掛金:あとで支払う義務
  • 短期借入金:1年以内に返す借金
  • 1年以内返済予定の長期借入金:1年以内に返す借金
  • 未払費用:あとで支払う費用
  • 未払い法人税等:あとで支払う税金
  • 販売促進引当金:あとで値引きする義務
  • こう見ると、負債は企業の借金ということが良く分かります。これにて、負債の部のうち、流動負債の説明を終わりたいと思います。次は、負債の部のうち固定負債についてみていきたいと思います。

    次の記事:貸借対照表:負債の部・固定負債

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 21:58 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。