2015年03月14日

財務諸表解説〜貸借対照表編4〜

財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と、その内訳、そして資産の部の流動資産の内容についてみてきました。

貸借対照表
貸借対照表の内訳
貸借対照表:資産の部・流動資産

今回は、貸借対照表の資産の部、その中の固定資産について書いていきたいと思います。

*再度書きますが、これらは財務分析を行うために思いっきり簡素化しているので、仮に試験などで回答する際はちゃんとした定義で答えてください。

さて、今回は資産、つまり企業の持ち物リストの中の固定資産ということで、以前に書いた記事から固定資産とは何かについてもう一度振り返ってみようと思います。

<固定資産とは>

固定資産とは、それ自体を長期間使用して、企業が売上を生み出す性質の持ち物になります。

では、前回に引き続き、江崎グリコの連結財務諸表の連結貸借対照表の中身を見ていきたいと思います。今回は固定資産の内訳をみていきます。ここでも、大きな金額を中心に確認していきます。以下のようなものがあげられます。

「有形固定資産」

  • 建物及び構築物
  • 機械装置及び運搬具
  • 工具、器具及び備品
  • 土地
  • 「無形固定資産」

  • ソフトウエア
  • 「投資その他の資産」

  • 投資有価証券
  • これくらいの中身を理解すれば、この企業が固定資産として何を持っているのかを何となくはつかめると思います。ここでも、意味不明な難解な単語はスルーしていますが、ハッキリ言って企業を理解するのに細かいところまでは見る必要はあまりありません。では、上記の固定資産について、簡単に説明していこうと思います。

    <有形固定資産>

    各勘定科目に入る前に、この「有形固定資産」というものが書いてあります。これは、「さわることができる固定資産」と覚えてくれれば大丈夫です。では、内訳の説明をしていきます。

    <建物及び構築物>

    見ただけでわかると思いますが、建物です。「本社ビルは賃貸じゃなくて自前で建てました」とか「本社は購入しました」とかいう場合がわかりやすいと思います。

    <機械装置及び運搬具>

    これも名前の通り、機械や運搬具になります。ポッキーを作るために小麦粉などから棒状のクッキーを作る機械であったり、それらを運ぶ巨大なトラックだったりがここに入ります。

    <工具、器具及び備品>

    こちらも名前の通り、工具や器具、そして備品になります。江崎グリコの場合、ここに何が入るのかは想像でしかないのですが、例えば本社や工場にある事務用の机や椅子、パソコンなど、そして工場にあるメーターやペンチなど様々なものがここに入るような気がします。

    ちなみに、これらの項目の下にある「減価償却累計額及び減損損失累計額とは何かについて説明します。上記のような固定資産は、年月が経つと価値が衰えてきます。例えば、ポッキーにチョコレートをデコレーションする機械は、新品の時には非常に価値がありますが、何年も使用しているとボロボロになってきますし、性能も他のモノに比べて劣ってきます。つまり、価値が下がるのです(当たり前ですね)。その分の減った価値を会計的に計算して(「会計的に」が重要です)、その累計額を記載したのがこちらの勘定科目になります。

    <土地>

    これはそのまま、土地ですね。古くからある企業は良く所有しています。最近のベンチャーは土地などほとんど持っていないのではないでしょうか。ここまでが「有形固定資産」の説明になります。ここからは、「無形固定資産」に入っていきます。

    <無形固定資産>

    無形固定資産とは、有形固定資産の反対で「さわることができない固定資産」と覚えていただければ大丈夫です。例えば特許やソフトウエアなどがわかりやすい例になると思います。さわることができませんよね。

    <ソフトウエア>

    これはそのまま、ソフトウエアになります。システムに投資したりすると、ここに該当することになります。

    <投資その他の資産>

    ここは説明が難しいのですが、企業が上記の「有形固定資産」と「無形固定資産」に当てはまらない長期的な投資をしたときに、ここに該当します。そのため、ここの分類は厳密にいうと売上を生み出す固定資産とは別の働きをするものになります。簡単に言うと、企業の連結グループに入らない会社の株式を購入したときや、企業の本業に直接関係がないような投資を行った時に、ここの分類に入ると考えれば大丈夫です。よくわからないと思いますが、財務分析を行う際に初期のころは無視しても大丈夫だと僕は思います。まぁとりあえず、説明していきたいと思います。

    <投資有価証券>

    有価証券に関しては流動資産の部にも記載があったのですが、こちらは「投資有価証券」になります。例えば、企業が配当金を目的に他の企業の株式を購入したり、長期の国債を購入したりするとここに分類されます。日本特有のことを考慮すると、株式の持ち合いもこちらに分類されると考えられます。株式の持ち合いとは、ある企業が他の企業とお互いに株式を持ち合うことによって、しかもお互いの経営に口出しするのを控えることによって、安定した経営を可能にするという方法です。

    ややこしいのですが、江崎グリコは同じ有価証券報告書の中の「L株式の保有状況」という箇所で、以下のように説明しています。

    投資株式のうち保有目的が純投資目的以外であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
    88銘柄 33,210百万円

    上記を簡単に言うと「お菓子を作って売るという本業に関係ない投資として、88社の企業に332億円投資しています」ということです。その下に88社の企業と、どうしてそこの株を保有しているかの理由を書いているのですが、その理由の大半が「安定的取引関係の維持強化」「営業上の協力関係の強化」などです。慣れあっていますね。そんなことに332億円も投資しているなら、さっさとそのお金でもっと売れるお菓子の研究してくれよ、という株主はいないのでしょうか。

    余談になりますが、僕が最初に入社した日経企業は、グローバルに事業を展開していましたが、そこでも株式の持ち合いは凄い金額で行っていました。本当にいろんな企業の株を大量に保有していて、その取引先との円滑なビジネスを営むためという理由がまかり通っていました。個人的には、資本主義をバカにしている制度だと僕は思います。リーマンショックのあとから、その様々な株式の株価が下落し始めて、その分を減損損失として計上するかをひたすら悩んでいたのを思い出します。結果はどうなったか忘れてしまいましたが。

    最後にものすごく話がそれてしまいましたが、以上で、企業の持ち物リストである資産のうち、それ自体を使用して売上を生み出す固定資産についてみてきました。固定資産の内訳について、書き直してみると以下のようになります。

    <資産の部:固定資産簡単編>

  • 有形固定資産:触れることができる固定資産
  • 建物及び構築物:本社ビルなどの建物など
  • 機械装置及び運搬具:ポッキーを作る機械など
  • 工具、器具及び備品:パソコンや机、工場のペンチなど
  • 土地:土地
  • 無形固定資産:触れることができない固定資産
  • ソフトウエア:社内システムなど
  • 投資その他の資産:投資その他の資産
  • 投資有価証券:持ち合いの株式や長期の国債など
  • という感じになります。上記で、企業がどんな持ち物を使用して売上を上げているかがわかると思います。これにて、貸借対照表の資産の部の説明を終わりたいと思います。次回からは、負債の部について説明していきたいと思います。

    次の記事:貸借対照表:負債の部・流動負債

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 10:28 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年03月13日

    財務諸表解説〜貸借対照表編3〜

    財務分析のための財務諸表解説、今までは貸借対照表と、その内訳についてみてきました。

    貸借対照表
    貸借対照表の内訳

    簡単に要約すると、

    貸借対照表は

    「ある一定時点での企業の持ち物リストと、それをどのように手に入れたのかを示すリストを示す表」

    であり、その内訳の資産、負債、純資産は

    資産:持ち物リスト
    負債:借金
    純資産:返済不要の源泉

    でした。

    *これらは財務分析を行うために思いっきり簡素化しているので、仮に試験などで回答する際はちゃんとした定義で答えてください。

    <貸借対照表の科目解説>

    さて、BSの内訳まで見てきたわけですが、ここからはもう少し踏み込んで、BSの中にある勘定科目についてもどのようなものかざっくりとみていきたいと思います。会計に触れたことがない人は、ここの勘定科目と呼ばれる単語たちで嫌気がさしてしまうと思いますので、この勘定科目をできる限り簡単に説明してみたいと思います。ここから具体的に使用する貸借対照表として、江崎グリコの平成25年3月31日の有価証券報告書を使用してみたいと思います。では、さっそく中身を見ていきます。

    ちなみに、有価証券報告書は、企業サイトのIRページにあるか、EDINETと呼ばれるところで見つけることができますが、「企業名 有価証券報告書」と検索すれば基本的には入手可能です。また、有価証券報告書の中には、【連結財務諸表等】と【財務諸表等】がありますが、今回は【連結財務諸表等】の【連結貸借対照表】を使用したいと思います。何が違うのかというと、簡単にいうと、子会社など、グループ全体の財務諸表か、江崎グリコだけの財務諸表かという違いになります。グループ全体として見た方が企業実態をより正確に反映していると思いますので、【連結貸借対照表】を使用します。では、中身を見ていきたいと思います。

    <貸借対照表の中身:資産>

    まずは、資産の部から見ていきたいと思います。江崎グリコの資産の部を見てみると、一番上に「資産の部」とあり、その下に「流動資産」とあります。これは前回説明したとおり、1年以内に現金化できるであろう企業の持ち物になります。

    <流動資産とは>

    1年以内に現金化できるであろう企業の持ち物

    となります。では、その持ち物についてさっそく見ていきたいと思います。このとき、できる限り大きな金額のものを見るようにしてください。細かい小さなものを見ると、わからなくなってやる気が下がってしまいますので、ここは大きな金額のところを中心に見ていきましょう。大きいものを見ると、以下のような勘定科目を見つけることができます。

  • 現金及び預金
  • 受取手形及び売掛金
  • 有価証券
  • 商品及び製品
  • 仕掛品
  • 原材料及び貯蔵品
  • 代表的な流動資産は揃っていますね。教材として十分だと思います。ここで、「繰延税金資産」という意味不明な単語を見ることができますが、無視して大丈夫です。意外に金額は大きいですが、無視でOKです。どうしても知りたいという真面目な人は、「会計と税法のルールの違いにより生まれたもの」とだけ覚えてくれれば十分です。では、上記のメインとなる流動資産について、簡単に説明していこうと思います。

    <現金及び預金>

    これは説明が要らないと思いますが、現金です。お金ですね。ただ、会社の経理部にこれだけのお金が積まれているというわけではなく、通常は何個も銀行に口座があって、そこに預けている状態になります。そのため、「現金及び預金」と預金が入っているのです。もう一つ余談ですが、企業はこの現金を寝かせておくというよりは、短期間の定期預金などで微力ながら運用していることが多いです。寝かせておくのは勿体ないですからね。

    <受取手形および売掛金>

    簿記が苦手な人はこのあたりで脳が拒否反応を起こすかもしれません。僕も昔は売掛金などという単語が苦手でした。なので、苦手な人にでもわかるように簡単に説明したいと思います。「受取手形及び売掛金」ということで2つの勘定科目がまとめられていますね。「受取手形」と「売掛金」です。順番が逆になってしまいますが、「売掛金」から説明したいと思います。

    ・売掛金
    簡単に言うと、「あとでお金をもらえる権利」です。もし僕がエンピツを売る商売をやっていて、あなたにエンピツを売るとします。代金は翌月末の支払です、という請求書を僕が発行してあなたに渡します。すると、僕からすれば翌月末にお金を受け取ることができます。これが売掛金です。「掛けで売るから売掛金」と言うこともありますが、めんどくさいので「あとでお金をもらえる権利」と覚えると楽です。次は、売掛金に似ている「受取手形」を説明します。

    ・受取手形
    これは、売掛金の、しっかりしたバージョンになります。ただ、「あとでお金をもらえる権利」であることには違いがありません。上記の例でいうと、僕があなたから「手形」と呼ばれる紙をもらって、より強力な拘束力を持った約束になるということです。僕は手形を手に入れると、いろいろと手形に印鑑を押したり手間をかけて、僕が取引している銀行に持っていきます。すると、期日にお金が入金されるという流れになっています。正直、実際に手形をもらうと萎えます。処理がめんどくさいからです。とにかく、「あとでお金をもらえる権利」と覚えていただければ大丈夫です。

    <有価証券>

    次は有価証券です。「価値が有る証券」で有価証券と言いますが、はやい話が株式とか国債とかです。思い出してください、今は資産、つまり企業の持ち物リストの内訳の説明をしています。なので、「有価証券」は「株式や国債など」と軽く考えてくれれば大丈夫です。

    <商品及び製品>

    これもその名の通り商品ですね。江崎グリコの場合は倉庫に「ポッキー」とか「アイスの実」とか積まれているわけです。それのことになります。

    <仕掛品>

    「しかかりひん」と読みます。中には「しかけひん」と読む人もいるかもしれませんが、「しかかりひん」としておきましょう。無難です。これは製品になる途中の状態の物体を指します。江崎グリコの場合だと、チョコでコーティングされる前のクッキー上の棒であったり、アイスの実として丸められる前のぐちゃぐちゃのアイスだったりします。そのクッキーの棒にチョコをコーティングして、袋に包んで箱に入れて完成すれば、上記の「商品及び製品」になります。

    <原材料及び貯蔵品>

    これもその名の通り原材料や貯蔵品になります。原材料でいくと、江崎グリコの場合はポッキーやアイスの実をつくるためのもっとも最初に必要になるものになります。例えば、小麦やカカオなどがあげられます。それらを加工すると仕掛品となり、完成すると商品及び製品となります。貯蔵品は企業によって何を指しているかが違ったりするので、未使用のまま置いておかれているものと軽く覚えておいてください。重要なのは原材料だと思います。

    以上で、企業の持ち物リストである資産のうち、1年以内に現金化できる流動資産を見てきました。簡単に説明できる状態で流動資産を書き直してみると、以下のようになります。

    <資産の部:流動資産簡単編>

  • 現金及び預金:現金や預金
  • 受取手形及び売掛金:あとでお金をもらえる権利
  • 有価証券:株式や国債
  • 商品及び製品:ポッキーとかアイスの実
  • 仕掛品:作っている最中のポッキーなど
  • 原材料及び貯蔵品:小麦粉など
  • あと覚える必要ないもの色々
  • となります。何となく企業の持ち物が見やすくなったのではないでしょうか。次は、資産の部の流動資産の下にある、固定資産を見ていきたいと思うのですが、少し長くなってしまったのでまた次回にしたいと思います。ただ、固定資産は読めばそのままのものが多いので、サクッと終わらせたいと思います。

    次の記事:貸借対照表:固定資産

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 20:03 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年03月08日

    財務諸表解説〜貸借対照表編2〜

    財務分析のための財務諸表解説について、前回は財務諸表の中の、貸借対照表について由来や定義をみてきました。

    前回の記事:貸借対照表その1

    今回は、その貸借対照表の内訳についてそれぞれ解説していきたいと思います。内訳とは、資産、負債、純資産のことです。前回は寄り道が多かったので、今回はサクサク内容を説明していければと思います。

    <資産>

    まずは資産についての説明をしていきたいと思います。会計の教科書などを見ると、資産とは

    「将来において収益をもたらす潜在的能力をもつ物財及び権利」

    と似たようなことを記載されていることが多いのですが、はっきりいって難しいこと書き過ぎです。これでは初心者が見たときに意味が分かりません。僕はカナダ留学時代に「Asset」を翻訳して「資産」とでたので、さらに「資産を」を日本語で検索したときに上記の文章にぶつかりましたが、意味不明すぎてイライラしました。

    実は貸借対照表において(ここ重要)、「資産」とは簡単に言ってしまうと、「企業の持ち物リスト」になります。貸借対照表の発表時点で企業が何を持っているかを示すものが「資産」という項目になります。例えば、現金、土地、建物などはもちろんのこと、「今度お金がもらえる権利」である売掛金や受取手形、もちろん工場や商品の在庫なども含まれます。細かい科目まで見るとそうでも無いようなものも含まれていますが、そんな科目は無視してしまっても大丈夫です。その中でも、1年以内に現金化できそうな持ち物は流動資産、それとは別に長期間使用して売上を生み出す持ち物は固定資産というカテゴリーに分けられています。

    ・流動資産
    1年以内に現金化できるであろう持ち物リストになります。例えば現金、売掛金、商品、売買目的の有価証券(株や債券など)があげられます。

    ・固定資産
    それ自体を長期間使用して売上を生み出す持ち物リストになります。例えば機械設備や工場、建物、ソフトウェアや土地などがあります。

    以上が資産、つまり持ち物リストの説明になります。まとめると

    貸借対照表における資産とは企業の持ち物リストのことであり、すぐに現金なりそうな流動資産と、使用して現金を生み出す固定資産がある。

    となります。ここからは負債と純資産の説明になります。

    <負債>

    次は負債の説明から入りたいと思います。会計の教科書などをみると、負債とは

    「法人が将来的に他の経済主体に対して引き渡す義務」

    と似たようなことが書いてあると思います。もはや初心者を混乱させるためにいちいち難しく書いているんじゃないかと疑えるレベルとなっています。もちろん僕も留学時代の会計の講義では「Liability」を翻訳して「負債」と知り、そこからさらに「負債」を検索して上記のような文章にぶつかりさらにイライラしたのを覚えています。財務分析を簡単にできるようになるために、もちろん上記のような定義を覚える必要はありません。

    実は負債と純資産の両方に共通することなのですが、簡単に言ってしまうと「どのように持ち物リストである「資産」を手に入れたかのリスト」ということになります。中でも負債は、他人からの借入れのことを指します。つまり借金ですね。難しい言葉でいうと「他人資本」とも呼ばれ、最終的に絶対に返済しなければならないものになります。借金ですから当たり前ですね。負債の中でも1年以内に返済する必要がある負債を流動負債、1年以上返済猶予がある負債を固定負債と呼びます。

    ・流動負債
    通常1年以内に支払わなければならない借金のことです。買掛金や未払法人税等、支払手形などがあげられます。

    ・固定負債
    通常1年以上返済まで猶予がある借金のことです。長期借入金や社債などがあげられます。

    以上が負債の説明でした。負債は、「最終的に絶対に返済しなければならない借金」と覚えて入れくれれば問題ありません。次は、必ずしも返済する必要の無い(語弊がありますが)純資産の説明にはいります。

    <純資産>

    純資産も、定義から入っていきたいと思います。会計の教科書などを見ると、純資産とは過去には資本と呼ばれており、

    「資産総額から負債総額を差し引いたもの」

    となっていると思います。僕が留学時代に調べた英語は「Equity」で、当時は純資産ではなく「資本」だったような記憶があります。ちなみにこのあたりから、会計用語を日本語に訳してから理解しようとする試みはやめました。あまりにも翻訳後の日本語が意味不明だったからです。今思えば、いちいち翻訳せずに、会計用語を英語でそのまま覚えたのはもっとも懸命な判断だったと思います。

    純資産も簡単に言ってしまうと、「どのように持ち物リストである資産を手に入れたか」というリストになります。先ほどの返済する必要がある負債とは違って、純資産は返済する必要がないリストとなります。厳密にいうと若干違うのですが、「自己資本」とも呼ばれます。実は内訳は結構複雑なのですが、「資本金」と「利益剰余金」の2点を覚えていればそこまで問題ではありません。

    ・資本金
    株式を発行してお金を得るとこの科目になります。資産を手に入れる方法のひとつです。

    ・利益剰余金
    今までに稼いだ利益が積み上がったものです。「金」とついているので、現金が積み上がっているように感じるかもしれませんが、そういうわけではありません。損失を連発していると、マイナスに積み上がることもあります。

    以上で、貸借対照表の内訳の説明を終わりにしたいと思います。重要な点は、資産とは企業の持ち物リストであり、負債と純資産はその持ち物リストをどのように手に入れたのかを示すものだということです。

  • 資産:持ち物リスト
  • 負債:借金
  • 純資産:返済不要の源泉
  • とりあえずはこの3つを覚えておけば、次へのステップまで進みやすいと思います。次回からは資産の内容についてみていきたいと思います。

    次の記事:貸借対照表・資産の部・流動資産

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 15:56 | [財務分析・企業分析] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。