2014年04月14日

USCPA科目説明まとめ

こちらはカテゴリーのひとつである、

「USCPA科目説明」の各ページへのリンク集となります。

以下より各ページへ行くことができます。

1:USCPA科目説明FAR

2:USCPA科目説明BEC

3:USCPA科目説明AUD

4:USCPA科目説明REG

USCPAの各科目について概要を記載していますので、どんな科目があるのが興味がある人は見てみてください。

USCPAについてまとめに戻る

ではでは
posted by 鈴木明 at 09:39 | [USCPAについて] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

USCPA科目説明REG

USCPA科目説明REG


今回のトピックは、USCPAの受験科目である、Regulation、略してREGの説明になります。


■REGとは何か
はじめにも書きましたが、REGとはRegulationの略で、日本語に翻訳すると法規となります。ただ、法規のみではなく税法やビジネスローに関する科目となります。米国における様々なタイプの個人、法人の税に関する知識や商法についての知識が問われます。


■試験配点
REGの配点は以下のようになっています。

64%:Federal Taxation(連邦税法)
19%:Business Law・Business Structure(ビジネスロー・米国組織法)
17%:Ethics(会計士としての倫理)

■REGの試験範囲
REGの試験範囲をもう少し具体的に見ていくと以下のようになります。


Individuals
Property
Corporations
Partnerships
Estate, Trusts & Exempt Organizations
Business Structures
Contracts
Sales
Negotiable Instruments & Documents of Title
Secured Transactions
Debtor & Creditor Relationships
Federal Securities Regulation
Other Federal Regulation
Accountants’ Ethics & Responsibility
Agency
Other Tax Topic


*こちらは、僕が使用していた問題集であるBISKの目次より抜粋したものになります。


■試験時間
3時間


■出題形式
出題形式は以下になります。

・選択問題
24問×3テストレット = 72問
配点:60%
・シミュレーション
6問×1テストレット = 6問
配点:40%


以上でREGの説明を終わります。


ではでは。


USCPA科目説明まとめに戻る

posted by 鈴木明 at 16:21 | [USCPAについて] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

USCPA科目説明AUD

USCPA科目説明AUD


今回のトピックは、USCPAの受験科目である、Auditing & Attestation、略してAUDの説明になります。


■AUDとは何か
はじめにも書きましたが、AUDとはAuditing & Attestationの略で、日本語に翻訳すると監査および証明業務となります。監査を中心として、証明業務や会計士の倫理、内部統制など扱う科目となっています。


■試験配点
AUDの配点は以下のようになっています。

82% Auditing & Attestation(監査と証明業務)
18% Professional responsibility(会計士としての責任)


■AUDの試験範囲
AUDの試験範囲をもう少し具体的に見ていくと以下のようになります。


Standards & Related Topics
Planning
Internal Control
Evidence & Procedures
Audit Programs
Audit Sampling
Auditing IT Systems
Reports on Audited Financial Statements
Other Auditing Standards
Other Types of Reports
Other Professional Services
Accountants’ Professional Responsibilities


*こちらは、僕が使用していた問題集であるBISKの目次より抜粋したものになります。


■試験時間
4時間


■出題形式
出題形式は以下になります。

・選択問題
30問×3テストレット = 90問
配点:60%
・シミュレーション
7問×1テストレット = 7問
配点:40%


以上でAUDの説明を終わります。


ではでは。


USCPA科目説明まとめに戻る

posted by 鈴木明 at 09:16 | [USCPAについて] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。