2015年04月27日

大阪市民の皆様へ

2015年5月17日に、大阪都構想へ向けた大きな一歩となる住民投票が行われます。僕個人としては、人生で一番興味がある選挙なのですが、どうもわかりにくいという意見もちらほら聞きます。

そこで、今回は僕がどうしても伝えたい大阪都構想のメリットについて、あえて1つに絞って書いていきたいと思います。正直、このメリット1つだけでも十分すぎると僕は考えています。では、そのメリットとは何なのか。

それは、大阪市を再編し、5つの区を設置することに加え、その区の区長を選挙で選ぶようにするということです。(ちなみに区の区議会委員の報酬は、現職の市議会委員より3割カットと協定書で明記されています。市議会の人が必死に反対する理由が良くわかります

この、5人の区長を選挙で選ぶという箇所に特に僕は注目しています。ここに大阪市民の方々にとって大きなメリットがあると思っているからです。なぜかというと、市から区になることによって、大阪市民(区民)の方々がよりきめ細かい行政サービスを受けられるようになると思うからです。このことについて、少し書いていきたいと思います。

現在、大阪市に住んでいらっしゃる方の人数は268万人となっています。この中から、住民による選挙で選ばれる市長はたった1人。

これに対して、大阪都構想で設置が予定されている区は5つになります。単純計算で約53万人に1人の区長が選ばれることになります。実際にはもう少し上下しますが。

さて、ここで少し視点を変えて、仮に自分が市長や区長になった場合に、どちらが住民のニーズをより細かく汲み取れるか考えてみてください。

今の体制のまま、つまり市長だった場合、1人で268万人の住民と向き合う必要があります。268万人です。冷静に考えると、明らかに多い人数です。とてもじゃないですが268万人に対して細かい行政サービスは出来ないと思います。

それに対して、区長であれば対応する住民は53万人程度になります。これでも多く感じるもしれませんが、268万人を相手にするより、はるかに細かい対応が可能になると考えられます。

仮にあなたがその町の「長」だった場合を想像してみてください。268万人と53万人、どちらのニーズにきめ細かくこたえることができそうでしょうか。明らかに53万人だと思います。

これを今度は住民側の視点から見てみます。すると、268万分の1人の意見より、53万分の1人の意見の方が通りやすいことに気が付くと思います。つまり、住民一人一人の意見がより反映されやすい街になるのです。これは、区に住む人々にとって計り知れないメリットになると僕は思っています。

なぜなら、各区によって住民が選挙で区長を選び、その区長が掲げていた公約を実現することによって、時が経つにつれて区によってその区に住んでいる人に望ましい特徴が出てくるためです。もし区長が公約をサボった活動をすれば、次の選挙であっさりと落としてしまえば良いのです。区民は、また次の住民の意見にしっかりと耳を傾けてくれそうな区長候補に投票することができます。

では、どれほど市民と区民の意見の反映されやすさに違いがあるのか。少し計算してみます。まず、単純に268万分の1と53万分の1を比較してみます。

【市民の場合】1/2,680,000 = 0.0000373%

【区民の場合】1/530,000 = 0.0001887%

どちらも非常に低いですね。あまりに数字が小さいので、わかりやすくすると市民だと3.73、区民だと18.87の「有権者としての力」を持っているということができます。市と区の人数比率を見れば簡単にわかりますが、区民の方が市民より5倍の意見の反映されやすさを持っているのです

仮に人間が有権者になる20歳から、80歳で亡くなってしまうと仮定すると60年です。この60年で市長や区長の任期が4年であると、選挙は少なくとも15回もあります。これに先ほどの意見の反映されやすさを考慮すると15回×5倍で75倍となります。つまり、区民は市民と比べて人生単位でみると最大で75倍ほどの力を持つと考えられるのです。

大阪市民の方々にとって、自分の意見が反映されやすい大阪を実現する千載一遇のチャンスだと僕は思います。「自分の意見が圧倒的に反映されやすくなる」というこのメリット、判断の一つにしていただけると幸いです。

僕は、大阪の発展を心から願っています。そして、大阪こそが地方の自立、再生のロールモデルになり得る、むしろ大阪以外ではなり得ないと信じています。

ではでは

posted by 鈴木明 at 23:36 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

[英語勉強法]リスニング導入編

今回は英語の勉強方法、特にリスニングの勉強方法について書きたいと思います。今から本格的に英語を勉強して、今後海外で活躍しようと思われる方は絶対にリスニングを鍛えてからの方が良いと思います。

<リスニングの重要性>

僕は英語で一番重要なスキルは何ですか、と聞かれたら

海外で生活するなら1番はリスニング、次にスピーキング
受験なら1番はリーディング、次にライティング
ビジネスなら1番はライティング、次にリーディング

だと思います。つまり、活用するシーンによって必要となる英語のスキルに違いがあり、冒頭で言ったような海外での生活を行なう上で(外国人と話すコミュニケーションにおいて)、一番重要なのはリスニングだということです。

個人的な話になりますが、僕が留学して最初にぶち当たった壁は、「誰が何を言っているかさっぱり分からない」と言うことでした。英語に関しては留学前の日本にいる間にあれだけ勉強したのに。。。という絶望的な気持ちになったことを今でも覚えています。

もし自分の意見をスラスラ言えるスピーキング能力を持っていたとしても、外国人とのやりとりになった際、聞き取れないから何を言ったら良いのか分からない。こんな事態が発生してしまいます。僕も質問は出来るけど肝心の返答の中身が分からない、という残念な事態を何度も発生させました。

※留学中、僕が質問して、返答を貰っては内容がわからず愛想笑いで返していたのにも関わらず友達でいてくれたJ君、B君、申し訳ないです(笑)。

<リスニング勉強法>

では、リスニングはどのようにして鍛えれば良いのでしょうか。まずは、リスニング能力についてのゴールを定める必要があると思います。僕もまだ完璧では無いのですが、目指してみるゴールとしては

「相手が大体何を言っているのかが分かるので、何と返事をすれば良いかが分かるレベル」

としておけば問題無いのではないでしょうか。

以下から、昔は偏差値30台だった僕が、どのように英語の能力について延ばしてきたかを書きたいと思います。今回はリスニング編です。

英語勉強法:リスニング基礎編
英語勉強法:リスニング中級編
上級編:留学時代

のそれぞれに分けてどのようにリスニング能力を伸ばしてきたかについて書いていきたいと思います。英語のリスニングに困っている人は参考にしてみてください。

ではでは

posted by 鈴木明 at 19:40 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

勉強方法について

今回は少し真面目に、勉強方法というものについて書いてみたいと思います。このブログでは具体的にどの程度勉強すればUSCPAになれるかということなども書いていますが、根本的に、「勉強とはどのようにするべきなのか」という疑問を持っている人もいると思います。僕も、大学受験を開始したときはそのような疑問を持ちました。

少しプライベートな話になり恐縮ですが、僕は高校を卒業するころには絶望的に頭が悪い部類に入っていました(今も良いとは思いませんが)。あまり具体的なことは書けないのですが、一発奮起して大学に入ろうと受験勉強を開始したときの偏差値が30代でした。30代というとまだマシに聞こえるかもしれませんが、これは選択問題のみのテストで図った数字であり、実態は「テストの最初から最後までカン」で解いたら30代だったということです。つまり、実質的に偏差値は低すぎて測定不能な状態でした。

そんな状態から勉強を始めたのが5月のころ。そして翌年の2月に大学の試験だったので、実質10か月の勉強で「一応有名な大学」に授業料が半額の奨学金をもらえるレベルで合格することができました(別の大学を選択しましたが笑)。その時に培った勉強方法で、社会人になってからもUSCPA(米国公認会計士)に合格することができましたし、その他の資格などにも合格してきました。今回は、その勉強方法の根底にある考え方について書いてみたいと思います。

僕は、あまりにも頭が悪かったため、勉強というものをどのように行えばよいかもわかりませんでした。ただ、自分の頭が悪いということを認識していたので、いきなり受験の参考書を購入せず、まずは「どのように勉強とは行うものなのか」の勉強から入りました。様々な方法を検討していたところ、非常に興味深いものに出会いました。今思えば、「勉強方法の勉強」という一見遠回りを行ったことにより、今後の人生を左右するものに出会えたのは非常にラッキーでした。それが、

エビングハウスの忘却曲線

です。これは、人間のモノを忘れる仕組みを曲線で表したもので、人間は以下のような記憶力を持っているとしているものです。

  • 20分後には約40%
  • 1時間後には約55%
  • 1日後には約75%
  • 1週間後には約77%
  • 1か月後には約80%
  • を「忘れている」というものです。最初にこれを見たときは衝撃でした。せっかく記憶したことも次の日には大体80%は忘れているというのです。ただ僕を安心させたのは、この割合は人間によって差があるわけではなく、ほとんど同じだということでした。なるほど、人によってそこまで記憶力に違いがあるというわけではないと。

    そして、この曲線において、時間がたつにつれて忘れる割合が減少していくことが気になりました。早い段階で一気に記憶から消えてしまいますが、あとの段階では忘れるスピードは非常に遅くなるのです。例えば1日後には75%も忘れていますが、そのあと1か月後には80%、つまりそこから5%ほどしか忘れていません。

    この現象が気になってもう少し調べたところ、人間には2つの記憶方法があることがわかりました。それが「短期記憶」と「長期記憶」です。簡単にいうと、短期記憶は短い時間だけ記憶をしておくが、一定の時間がたてばあっさりと忘れてしまう記憶であり、長期記憶は、ちょっとやそっとでは忘れない状態、つまり「覚えている」という状態です。これを上記の忘却曲線で考えると、1日後にあっさりと忘れられた情報は「短期記憶」の時点で脱落した情報であり、逆に1か月後にも覚えている情報は「長期記憶」に移行が成功した情報だということができます。

    つまり、物事を覚えようとするのであればすべて「長期記憶」としてしまえばいいのです。ではどのように長期記憶にすると脳が判断するのでしょうか。僕が過去に調べたところ、2種類の情報について、長期記憶と判断されやすいとのことでした。

    一つ目は衝撃的な出来事です。例えばとんでもなくうれしいことであったり、とんでもなく悲しいことであったりすれば、その記憶は長い間消えることはありません。これは非常にわかりやすいです。僕も消したいけど忘れられない過去はいくつか持っています。ただ、これは勉強にはあまり応用できません。脳が衝撃を覚える勉強法と言って考えられるのは、ありえないくらい面白い講義を行う名物先生の授業を受けるといったことでしょうか。あまり思いつきません。

    2つ目は何度も繰り返して登場する出来事です。これにより脳が「この情報は何度も登場するし、重要なことだろう」と判断して長期記憶で記憶するようになるのです。これが、勉強に応用が利く方法、つまり復習です。単語帳であれば何度も読みなおす。問題集であれば何度も解きなおすということが重要になります。

    今更当たり前と思われるかもしれませんが、当時の僕はその程度のことも本当に知りませんでした。さらに、この何度も復習するという行為ですが、これは最初に書いたエビングハウスの忘却曲線でも「定期的な復習により忘却するスピードが減少する」つまり忘れにくくなるということが言われています。

    ではどのタイミングで復習するのが効率的なのかということですが、これはわかりやすいタイミングで行うのが良いと僕は思います。僕の場合は、1日後、1週間後、1か月後に復習を行っていました。1か月後にも大体のことを覚えていたので、「あ、記憶って意外に単純なんだな」と思ったものです。

    例えば英単語1000語を覚えようとしていたとします。すると以下のような手順を踏むことになります。

    1日目
    100単語覚える

    2日目
    1日日の100単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    本日の100単語

    3日目
    1日目の2日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    2日目の100語復習、覚えていない単語は次の日へ回す
    本日の100単語

    4日目
    1日目の3日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    2日目の3日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    3日目の100語復習、覚えていない単語は次の日へ回す
    本日の100単語

    5日目
    1日目の4日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    2日目の4日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    3日目の4日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    4日目の100語復習、覚えていない単語は次の日へ回す
    本日の100単語

    6日目
    1日目の5日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    2日目の5日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    3日目の5日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    4日目の5日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    5日目の100語復習、覚えていない単語は次の日へ回す
    本日の100単語

    7日目
    1日目の6日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    2日目の6日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    3日目の6日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    4日目の6日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    5日目の6日目に覚えていなかった単語の復習。覚えていない単語は次の日に回す
    6日目の100語復習、覚えていない単語は次の日へ回す
    本日の100単語
    1日目の100単語を全て復習

    という具合に、覚えていなかった部分はさっさと次の日にもう一度挑戦、そして覚えていれば1週間後の復習、1か月後の復習というサイクルに入れていくのです。

    「そんなことをすれば勉強することが膨大になってしまう!」と思われるかもしれませんが、1日目の100単語など、数日で結構覚えます。例えば3000単語の単語帳などは、1日100単語のサイクルで回せば1か月後にはある程度記憶している状態になり、そこからの追加暗記は非常に楽になります。

    時間に余裕がある方は、忘れていたものは次の日に回すというサイクルをやめて、1日後、1週間後、1か月後に復習というサイクルだけでも良いかもしれません。ちなみに1か月後に復習したあとは次にいつ復讐すればよいかと思われるかもしれませんが、僕はその1か月後に復習していました。1か月サイクルでの復習です。それでも記憶の保持には十分でした。

    以上の「復習のタイミング」が、僕があまりにも頭が悪かった時に出会った勉強方法のもっとも根幹をなすものになります。この「復習のタイミング」は様々なことに応用が可能だと思います。これが、当時の僕のようにどうしようもないけれどもどうにか自分の力で人生を漕ぎ出したいと考えている人に届けば幸いです。

    ではでは

    posted by 鈴木明 at 11:11 | [徒然日記] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。